サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. furesakuさんのレビュー一覧

furesakuさんのレビュー一覧

投稿者:furesaku

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ツァラトゥストラかく語りき

2015/09/30 20:27

寸鉄人を刺す

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

偶々、この文庫本の表紙のニーチェの横顔が目に入ったので、手に取ってみたらツァラトストラだったので、驚き半分懐かしさ半分で購入してしまった。 学生時分、背伸びして読んで(これがニーチェが)などと勝手に分かったような気持になっていた。改めて読んでみると、翻訳の良さもあると思うが、とても生き生きと、異端の哲学者の言葉が刻み込まれている。まさに、寸鉄人を刺す、という表現がびったりくるような熱い言葉で、強く生きよと語りかけ、われわれを鼓舞する。曰く、「・・わたしは血で書かれたものだけを愛する。血で書け。ならばわかるだろう、血が精神であることを。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本独特老人

2015/02/23 22:41

揺るがないひとたち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

独特老人とは、まさに言い得て妙の題名だ。いずれの老人も、それぞれの(職業的)世界において、ナンバーワンではないかも知れないが、オンリーワンであることは、
著者のインタビューを通してまざまざと浮かび上がってくる。圧倒的な自負とそれが故の同業他者への歯に衣着せぬ発言。サラリーマン根性がこびりついてしまっている身としては、痛快に感じると共に、とてもそのようには振る舞えない歯痒さを同時に感じた。文句なく面白い、インタビュー集だと思う。最後の鶴見俊輔氏のものが一問一答である以外は独白形式になっている。ただ、終わり方がやや唐突だったり、物足りなかったりするものが多少あったかなと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示