サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ユンコさんのレビュー一覧

ユンコさんのレビュー一覧

投稿者:ユンコ

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本海を照らす光

2015/03/21 23:58

ひとつの光から始まる選択の物語

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「灯台もと暗し」とはよく言ったものだと思う。しかし、うっかりその言葉をこの物語に当てはめてしまってから気づくのは、深い哀切に他ならない。
 これは、小さな島に灯台守として赴任した一人の男と、その妻の元に、ある日流されてきた赤ん坊の運命を巡る物語だ。
 二人の出会い、そして穏やかに育まれる愛情は美しく、広大な空と海に輝く一筋の灯台の光のように読者の胸に明かりを灯す。風を感じ、波を感じ、誰よりも規則正しい時を刻みながらも、その場所は時間の流れを感じさせない。まるで世界から隔絶された小さな世界であり、ひとつの宇宙のようでもある。
 でもそんな特殊な世界だからこそ、人間本来の営みが際立つのかもしれない。
 この物語にはたくさんの選択がある。赤ん坊を育てるという選択、愛する人の笑顔を守るための選択など、すべてそうせずにはいられなかった選択だが、それらの選択によって別の女性の人生も変わっていく。
 中盤からは物語が一気に加速する。しかし読む速度は自然とゆっくりになっていった。早く続きを読み進めたいのに、徐々に明らかになり深くえぐられていく過去を知るにつれ切なくなり、読者としての自分の身の置き所に困ってしまったからだ。通常の物語なら主人公に感情移入し応援するものが多いのだが、困ったことにこれは、複数の主要人物を応援してしまう。人物描写の巧みさから、それぞれの人物像が感覚的に伝わってきて、苦しくて、切なくて、応援してしまうのだ。
 ひとつの選択によってもたらされる幸福や絶望、信頼や裏切り。そのたびに選ばれなかった「もしも」が頭をかすめてしまうけれど、彼らの選択を、誰が間違いだと言えるだろうか。皆、必死にその時を生きて、懸命に大切なものを守ろうとしているだけなのに。
 この物語はこれからも決して古びないだろう。人間の営みも人生の選択も、そして愛情も、かけがえのない奇跡であり永遠の光なのだから。

 ゆっくりとじっくりと読みたい名作だ。読み終えた後は大きく息を吐き、誰かと話したくてたまらなくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜の来訪者

2015/03/22 22:50

完璧にやられた!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

めったに買わない岩波文庫だけれど、タイトルに惹かれて買ってしまった。
結果、大正解!
テンポよく進む会話劇を舞台で聞いているかのような小気味良さ。
ある夜の、幸せな家族の食卓風景から一転、ある来訪者によって家族の秘密が一人ずつ暴かれていく。やがてその繋がりから見えてくるのは・・・贖罪と再生の物語で納得しかけたまさにその時、最後のどんでん返しにしてやられる快感!
もう、完璧である。
読み終えてから思わず最初に戻って読み返してしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

文庫で揃えたかった夢が叶う

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昔、友達から借りたり単行本を買ったりしていた名作が、ついに文庫に!今呼んでもまったく色褪せない。やっぱり面白くて深い!大人買いできる時代に出してくれてありがとうと言いたい。全巻を本棚に並べるのを楽しみにしているところ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本の作家 名表現辞典

2015/03/22 22:52

日本語の面白さを体感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

よくある本のあらすじをまとめただけの案内本は、それを読んだだけで、紹介された本を読む気が失せてしまうもの。しかしこの辞典は、作品の魅力的な文章表現が紹介されており、その作品の雰囲気や、醸し出す匂いまでもが伝わってくるようで、紹介された本を読んでみたくなります。文豪から現代作家まで幅広く扱われており、文章の普遍的な美しさはもちろん、日本語そのものの面白さを体感することができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示