サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. TKクン1号さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

TKクン1号さんのレビュー一覧

投稿者:TKクン1号

9 件中 1 件~ 9 件を表示

感想

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

西村京太郎の作品はよく出ぱんされますが、こんかいのほんは非常にめいかいで読みやすく面白かった。よかったです。いじょうであります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感想

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

山手線や京浜東北線などが掲載しているし、私鉄各線も詳しい。東京メトロ、都営地下鉄も掲載されている。したがッて、重いがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感想

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、少しだけではあるが、経営学的な数式を用いた説明がなされている。それでも、読み物としても十分よむことができました。本のタイトルは「通勤ライナー」となっているが、JR東日本やJR東海の一部の普通のグリーン車や私鉄の特急についても書かれている。よっておもしろかったしひじょうにきょうみがもてたと考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レビュー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

当該雑誌の2016年03月号の予告に東海エリアを歩くとあり、購入したが、主に名古屋地区の記事がほとんどであり、静岡地区、東海道新幹線などの掲載はほとんどない。そのてんを考慮しても313系の解説ページが有りよかったと考えています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

教科書(現代社会や政治経済)等では、最新の出来ごとは把握しにくい。だから、この種類の本は便利で役にたつ。事時問題の知識習得にはぜひ参考にしたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感想

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文法の説明は説明は多くないが、単語、熟語の和訳はそれなりにある。だから、この本を学習するまえに、『FOREST』の様な文法の参考書をある程度理解した後のほうがいいかもしれない。なお、テクニック的な解法や説明は少ないと思う。また、CDがついていて便利である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「ななつ星」極秘作戦

2016/02/22 00:34

レビュー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このお話は、ある集団がある目的があって、jR九州の豪華列車である「ななつ星」に乗車する。その列車に十津川刑事と妻が乗車して何にが起こるかというところから始まる。まあ、この作者のいつもの展開の作品と感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感想

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

分かりやすいと思う。しかし、長文の参考書であるのに文法の説明が多い。例えば、分詞構文など句を節に書きかえる解説。最後の2題が本格的な長文問題である。この参考書はまあまあであると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本リバース

2015/08/25 01:02

リバース

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『深瀬 和久は人殺しだ』という文章で始まる、この小説は、主人公の深瀬 和久の
視点で描かれている。社会人になった彼の手元に(実は彼だけではないが)に告発文が届く。これは、彼が、在籍していた明教大学の5名の仲間が別荘で過ごしたときに起きた自動車事故に起因する内容である。この事故で犠牲になったのは仲間の広沢であるが、この事故の後、深瀬は広沢のことが、気になり、彼の高校の同級生に会いに行くために彼の実家に行く。そうしている間に、それまでに分からなかった広沢の人柄が少しはわかるようになっていく。そして、例の告発文を書いたのは、深瀬のかなり身近な人物であった。この作品の文章はよみやすく、テンポがいいととおもった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示