サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. つねどんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

つねどんさんのレビュー一覧

投稿者:つねどん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本信長死すべし

2015/08/31 00:18

平凡な「本能寺の変」の真実

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本史のなぞとしてよく取り上げられるテーマである「本能寺の変」でなぜ明智光秀が謀反を起こしたか・・・を題材にした歴史小説です。著者の山本兼一さんの作品で、以前読んだ「利休にたずねよ」が非常に良かったので、本作も期待して読んでみましたが、ちょっと期待はずれでした。明智光秀の謀反の原因は、最近、いろいろな説がでていますが、本作も、その中のよく言われている「説」と同様で、あまり目新しさがありません。さらに、「利休にたずねよ」のような、登場人物の心理描写や茶室などの情景描写の”引き込まれる”ものもなく、読後感は物足りなかったです。「本能寺の変」の知識があまりなければ、それなりに興味を持って読めるのかもしれませんが、「利休にたずねよ」の印象が強かっただけに、残念でした。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示