サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. acomenさんのレビュー一覧

acomenさんのレビュー一覧

投稿者:acomen

2 件中 1 件~ 2 件を表示

漫画より面白いかも(笑)

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アニメ→漫画→小説..と立て続けに見ており、どれも予想外に面白かったのがうれしい誤算です。
文豪たちが各々著書の特殊能力を駆使して戦う...という下手をすれば出オチで終わってしまいそうな設定ですが、原作者がきちんと描きたい物語と世界観を持っているのでどんどん引き込まれました。

小説主人公である織田作のささやかな夢と贖罪、メインキャラクター(そしてチート級の能力)の太宰治が自殺癖に走る原因と抱える虚無感、坂口安吾の任務に対する恐ろしいまでの執着とそれを超えてまで信じたかった友情など、3種3様の人間模様が切ないです。
それを全部含めて操ろうとする首領、森鴎外も怖い。
あと、織田作に会った時の芥川の行動には、正直オイオイ...と思いました。らしいといえばらしいですが。

とにかく期待以上の小説でした。ほかの外伝も読んでみます。

それにしても、中原中也の存在に一言も触れていないのが少し気になりました。「双黒」っていつの話だったんだろう・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

単品でも、漫画の補完でも。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

太宰治の入社直後の話。国木田が主人公です。
「黒の時代」から続けて読みましたがこちらも面白い。「黒の時代」より雰囲気がコミカルで読んでいて楽しかったです。
太宰と国木田の、女性観に対するやりとりが笑えます。

次々と起こる対テロリストとの攻防は緊張感があり、国木田が首謀者として太宰を疑う流れは漫画を知っている身としてはあり得ないと知りつつもハラハラしました。
国木田が漫画で「ドグラ・マグラ」の呪いにかかった時に見た亡霊の正体はこの女性だったんですね。

文豪ストレイドッグスの小説版は評判通り全体的にクオリティが高く、著者の知識量と深い考察が垣間見えますので、漫画の補完だけではなく単品としても楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示