サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 名嶋さんのレビュー一覧

名嶋さんのレビュー一覧

投稿者:名嶋

1 件中 1 件~ 1 件を表示

フランス語が「読める」ようになる!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書の前書きで、著者は「『発音』ではなく『読みかた』を扱う」と、本書の性格を記されています。すなわち、本書は発音トレーニングではなく、フランス語の綴りの読みかたの規則を解説されたものと言えます。


本書は15の章にわたって母音や鼻母音、子音やいわゆるリエゾン、アンシェヌマン、音節の切りかたといった、フランス語の読みかたの基礎事項が解説されています。


はじめにも書いた通り、本書は「発音」ではなく「読みかた」を説いたものです。

本書には、語学書によくある発音の際の口の形の図解は記載されていませんし、舌や喉、腹部の使い方等といった事も、最低限の記述にとどまり、子音や母音のいわゆる発音法が網羅されているわけではありません。この点については他の参考書を参照する必要があります。
およそ初学者向けの参考書には巻頭に発音法の記述がありますので、いずれにせよフランス語の文法学習を志す方はそちらで発音法を身に付けることになるでしょう。ただし、本書にはCDが附属されているので、ある程度耳をならしたり、解説のある範囲の発音の雰囲気といったものは掴めます。


また、本書の商品説明ページにもある通り、発音記号とカタカナ表記が全巻通して併記されています。この点、本格的に語学習得を志す方の一つの関心事ではないでしょうか。

さきに書いた初学者向けの参考書には、それ自体は一つの目安としてよいのですが、単語のカタカナ表記が多いことで、必ずしも正確な発音が掴めなかったり、巻中で突然カタカナ表記がなくなって、よくわからなくなってしまうということが往々にしてありますが、本書でしっかりと読みかたに習熟すれば、どのような文法書を使っても、その様なことは問題ではなくなります。
カタカナと発音記号とが併記されていることで、安心して学習を進めることができます。

簡潔明快な記述と丁寧な設問・解説で、フランス語の読みかたはほとんどこなせるようになります。もちろん、どんな言語でもそうであるように、読みかたの規則に当てはまらない読みや、出会うたびにその都度読みかたを覚えるしかない単語、加えてフランス語は単語と単語とを繋げて発音することも多いです。その点は文法学習の際に慣れていけばよいでしょう。
他に類書も少なく、比較的安価であることも推薦できる点です。ぜひ、フランス語を学ぼうと考えておられる方、大学生の方などに手にとっていただきたいとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示