サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. アートンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

アートンさんのレビュー一覧

投稿者:アートン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「時が過ぎるのではない。人が過ぎるのだ」
と、ある詩人は教えてくれた。
それにならえばこの本に描かれた11人の女性たちは、
たしかに作者の胸を訪れ、そして去っていった。
いまはただ、彼女たちのうちのひとりでもいい、
あなたの胸にとどまってくれることを願うのみである。
——凪沢了

 年齢も境遇も異なる11人の女性の世界を、男性作家である凪沢了がそのほとんどを女性の視点や語り口で描いた、12章から成る短篇小説集。女性たちの心の奥底に眠る、闇、孤独、秘密を描いている。
 恋人から言われた思いがけない一言に、ひとつの恋が終わったことを知るエツコ。永遠にも思える孤独と向き合いながら、まるで深海魚のように静かに身を潜めてひとり生きるユウコ。家族の問題も、友だちとの関係も、小さな胸に必死で受け止めながら、クラスメイトの少年への、恋と呼ぶには幼すぎる想いを抱く、少女・カノ。若かりし頃、情熱のすべてを注ぎ込んだ恋愛を、恋に悩む青年に静かに語る、Y〈イグレック〉。愛しい人なのに、一緒にいても心が見えない、二人の未来が見えないことに、言い知れぬ不安を抱くトモヨ。夫の浮気を知った時、幼い頃見た両親の諍いの場面が甦り、それが脳裏から離れられなくなる、エリカ。ある時、互いにそれぞれ小さな秘密を持ってしまった夫婦、弘一とカヲル。そして、サチエ、リサ、ヨソコ、のぞみ…。
 傍目には平凡と思われるその日常の中で、さまざまな問題に直面するが、時に拮抗し、時に身をまかせながら生きていく女たち。そんな女性の心の不思議さを、決して誰も汚すことのできない領域があることを、凪沢了は繊細に、丁寧に、綴っている。女性にとっては、どこか必ず共感できる一文に出会える、そして、自分の生きてきた道をゆっくりと見つめなおすことができる小説集といえるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示