サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ひろさんのレビュー一覧

ひろさんのレビュー一覧

投稿者:ひろ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本無影灯

2001/08/02 01:21

愛が置き去り

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ドラマと全然違う、というのを聞いて原作読みました。よんでからだいぶたつのに忘れられない。とにかく哀しい哀しすぎる。
 私はメロドラマ的な解釈をしているかもしれないが、直江先生は倫子の優しさを知っていながら、それでも死というものに自ら飛び込んでいった。刹那的な行為のすべてに、最後の生への執着、たぶん倫子に愛情を感じていたであろうが、そのすべてが意味をなさないほどの死への恐怖、絶望。儚げで弱い、無影燈の下の人間が表現する本質的なもの。死の前では愛は何の意味も、力も、形も成さない。
 直江先生を待ちつづける倫子。無影燈の下で。直江先生の遺言の箇所、知らない間に涙が止まらなかった。なぜにあんなにも哀しいのだろうか。また直江先生との最後の夜、直江先生が倫子の髪を優しく漉いている場面、妊娠を告げる場面、暗く、しかし直江先生のとらえようのない優しさが感じられ、一層の儚さを哀しみを伝える。
 原作が白く冷たい冬のイメージであるならば、さしづめドラマは雪解けの暖かな春を連想させる(実際ドラマの支笏湖の場面はなんだ?)が、ドラマで唯一倫子が哀れだと感じた場面があるが、それは直江先生に妊娠を告げられなかったことであろう。倫子が幸せだったとしたら、それはただひとつ、妊娠の告知だと思う。その後の直江の入水を考えれば、本当にいたたまれない。
 倫子があまりにもみじめで、哀れで、でも確かに幸せだったと私自身は思いたい。なぜなら私だったら、私も、あんなふうに無影燈のしたで、直江先生を、愛するひとを待つであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示