サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. たなちんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

たなちんさんのレビュー一覧

投稿者:たなちん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本パレード

2002/06/25 10:38

「畳の目」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 センセイとツキコさんが昼食にそうめんを食べる支度をしている。そうめんを茹でる。ざるにあげる。流れる水の中でもみ洗いする。ガラスの鉢に盛り付ける。 センセイは薄焼きたまごを刻み、みょうが、シソ、ワケギ、キュウリ、煮茄子、梅干しの裏ごしと、一つずつ小皿に薬味を準備していく。そうめんの盛り付けは食べやすいように一束ずつと、センセイは妙に細かいことを言う。
 「茄子の深い瑠璃色」「みょうがの薄紅色」という表現がある。前作『センセイの鞄』でもそうだったが、居酒屋で初物のソラマメが出される、ひややっこを注文するなど、川上弘美は食べ物の描写、特に旬の食べ物の描写が実にうまい。 8畳間の居間にちゃぶ台を出して、センセイとそうめんを食べる。それだけで前後に何の説明もない。二人の年齢も、関係もわからないのではあるけれど、満腹になってまどろんでしまったツキコさんの腕に「畳の目」がついてしまう。それだけで、ドキッとするような濃密な情感が感じられる。
 書名となった「パレード」は、そこで語られるこどもの頃の話なのだが、話の前後に見開きページを使って挿画がある。あれは畳の目だと思うんだけど、違うかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示