サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. muuさんのレビュー一覧

muuさんのレビュー一覧

投稿者:muu

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本楢山節考 改版

2002/08/02 00:33

しまつをつける

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「おりん」は自分の人生の終盤に、必要な仕事を片づけていく。
自分の葬式用の振る舞い酒、息子の嫁さがし、老人らしく死ぬために歯欠けになる…。
人からはこっけいとも映るほどに、まっすぐ豪快である。
愛などという言葉ではおおいきれないほど、ずぶとく、たくましく、
身の程を知った女。
最後に残されたのは自分の命にしまつをつける仕事のみ。
いよいよ旅立ちだという日、息子に背負われて山へ入る。
そこで望んでいた雪が振るのだ。

死ぬまで生きて、仕事をする者は幸いである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本子どもの瞬間

2002/07/30 19:01

なつかしい未来

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幼児期の、子犬のようにクリクリとしていた頃から時を経て、
大人への準備をする子どもたち。
心や体の中に収まりきれないほどの「自分というもの」をかかえて、喜んだり、
とまどったり、寂しがったりするあの子やこの子。
ある心象風景を時間やアングルを変えて追うくだりなどは、子供らの嬌声や体温、そこで吹いていた風までも感じられるようだ。
一生で一度きりのきらめく瞬間の記録である。いとおしく、まぶしい。
ここに登場した子どもの中に、あなたや、私や、
これから生まれるだれかをみつけることができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示