サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. カムエクさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

カムエクさんのレビュー一覧

投稿者:カムエク

1 件中 1 件~ 1 件を表示

もれなく「勇気」が付いてくる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「元気のでる本があるよ」と紹介され、手に取ってみたが、タイトルには“車イス”の3文字。正直、戸惑った。が、冒頭から歯切れのいい、独特のリズムをもつ文体にぐいぐい引き込まれ、結局、ひと晩で読んでしまった。
 自ら旅を“挑戦の場”と語る著者。旅先での失敗も成功も涙も笑いも、世界に飛び立つ勇気・好奇心がもたらした財産なのだろう。とはいえ、チャレンジものにありがちなストイックさで、読者を窮屈にさせることはない。トラブルを前にするときまって冷静さと余裕が前面に出るところからも、彼の懐の深さや旅人への愛情が感じられる。行間からあふれ出るメッセージがこれほど多い本もめずらしい!
 読後、気づいたことがある。それは、「車イス」に戸惑った私こそ、世界に対して小さな壁を張り巡らせているんじゃないかということ。本を読むということは、そもそも知らない世界の知らない人やその豊かさを、自分のなかに取り込むことだったはず。著者が旅で多くの人に出会って自分を肯定し続けてきたように、読み手の私もこの一冊で自分のなかのバリアと出会い、もうひとつ新しい地平に立つことができたように思う。
“こうしたい”っていう自分の欲望を表現するセンスは、考えるよりも行動で培われるものだ。著者のような友達がいたら、ふと立ち止まったときにも「何やってんねん!」と、一喝してくれることだろう。
 この本のおまけは、「勇気」だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示