サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 赤羽正典さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

赤羽正典さんのレビュー一覧

投稿者:赤羽正典

2 件中 1 件~ 2 件を表示

都会生まれの都会育ちの著者が河口湖畔に移り住んだ「田舎暮らし」の報告

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

★家庭実用>アウトドアもぜひ。
★シェルパ齋藤の『この人と「本」音で』 木村さんへのインタビュー記事あります。

 テレビCMや雑誌のモデルとして活躍する木村東吉が、36年間の都会生活から一家5人で冨士山麓の河口湖畔に移り住んだ。四季折々の自然や、そこで遊び、学び、生きいきと暮らす子供たちにもいろんなことを教わりながら、本書のタイトルである「こんな暮らしがしたかった」という実感をつかんでゆく。都会でしか生活したことがなかったために、田舎暮らしは発見の連続でとまどいも多いものの、その初々しさにかえって共感が持てる。「田舎で『異邦人』であり続けるボクの、戸惑い、発見、楽しみ、哀しみ、感謝の念」の数々は、アウトドアライフ歴20年の著者の経験と考え方が知れてなかなか興味深い。中でもバス釣りについての批判や、自然の中での眠りについて詩的に語るところ、「方言は国の宝」という一文などは、この本の価値をさらに高めているのではないだろうか。語り口がやわらかで、押しつけがましいところがないから、ラジオでも聞くように静かに読める本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あくなき実験とデータの成果

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

★家庭実用>アウトドアもどうぞ。

 『野宿完全マニュアル』や『野宿のすすめ』などの痛快な本で知られる著者が、野宿歴30年の経験から、考え、選び出した道具のひとつひとつに、まず何が必要で何が必要でないかを教えられる。この本を書くために実費で道具を買い揃え、実際に使ってみてのレポートだけに、まず迫力が違う。たとえば「どんな靴が必要か」とくれば、ハイキング用、トレッキング用、登山用と、用途に応じた靴を適切に選び出し、使い勝手や履き心地、材質や構造などをつぶさに観察・実験する。そして「ベストセラーだとか、評判が良いなどという言葉を信じて靴を購入してはいけない」と断じる。さらにテントやシュラフ、衣類や食べ物にいたるまで、何をどう選ぶべきかがことこまかに検証してゆく。サブタイトルに「バックパッキングの世界」とあるように、Back「背中」にPack「荷物」をしょって歩き、野宿するために必要なアウトドア道具を、今度もまたメーカーに遠慮することなく、ズバズバと本音で語っていて実に痛快。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示