サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 竹中 東聖さんのレビュー一覧

竹中 東聖さんのレビュー一覧

投稿者:竹中 東聖

1 件中 1 件~ 1 件を表示

巨大企業の中で全社員が,学習し実践する文化はいかに創られたか。ウェルチの情熱と経営哲学

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ジャック・ウェルチ——日本のマスコミにもたびたび紹介され,近年シックスシグマ(品質運動)はつとに有名だが,20年の長きにわたり巨大企業GEを情熱的に指導してきた,いまや米国を代表する経営者であり,カリスマとして,創業者エジソンとならんで名前をとどめることになろう。著者のボブ・スレーターも本書で同人を対象にとりあげて3冊目の著作になるので,周辺はもちろん,本人にも信頼をおかれての丁寧な取材ぶりで,GE内部の動きもビビッドに伝わってくる。今年の暮れまでには第一線を退くといわれているウェルチの情熱と経営哲学の集大成を語るにふさわしい内容だ。
 時期によって変わってきているが,彼のキーワード(フレーズ)をいくつか本書からひろってみると,以下のものが例としてあげられるが,これらが“アヤ”をなして社の内外に織り込まれていくのが良くわかる。
 ▽「リーダーになれ,管理はするな」……社員側からすると「ボスの要素をつまみだせ」▽「ディレイヤリング」……組織の階層の削減,境界のないコラボレーション▽「大企業の体力と小企業の魂」……小さな会社のように身軽に動く▽「学習する文化」……最高のアイデアをみつけて実行すること,毎日学習するにはどうするか考える▽「ストレッチ」……些細な数字より夢に興奮したい▽「シックスシグマ」……単に品質向上ではなく,顧客との距離を縮める▽「ナンバーワン,ナンバーツー」……市場を支配できる企業の構築。
 企業のリーダーに求められる資質は洋の東西を問わずそんなに変わらないはずだ。要は,自分の方針をどこまで徹底できるか,全社員がそれを理解させるかにかかっていると思われるが,ウェルチの能力は,20年前も優良企業だったGEをあえてリストラを行うところから始めた,変化に対する「柔軟な力」であり,CEOの仕事は「人」であると言い切って,教育投資を巨額に行い,コミュニケーションを執拗にとり続けたところにあるようだ。
 巻末の索引に,「誠実さ」等の普通名詞が引用されているのも珍しいが,これもアナリストが「文化」を評価する会社に仕立て上げ,社内に語ると同時に株主に発信を怠らない(Letter to Share Owners)彼の姿勢が表われている。翻って,わが国企業の「営業報告書」はその内容の無味乾燥さはどうしようもない。ウェルチに習って改善する余地は十分にあろう。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示