サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 失格者さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

失格者さんのレビュー一覧

投稿者:失格者

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本蛇と虹 ゾンビの謎に挑む

2003/08/13 09:32

読み物としても価値の高い作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人類学者のウェイド=デイヴィスの実体験に基づいたドキュメンタリー。
彼に課せられたのは「ゾンビの謎」を解き明かすこと。
ハイチに渡り、現地で調査を進めるうちに彼は「ゾンビパウダー」の存在を知る。
死者をゾンビに変えるというその謎の粉をめぐって、ウェイドは奔走する。
そしてついにはハイチ全体を支配するコミュニティ、“秘密結社”へとたどりつく。
そこで彼が見たものとは……

本書は数少ないゾンビの研究資料である。読む上で重要なのはいままで我々が持っていたゾンビ(と思っていたもの)を頭から排除することだ。
ここには人を襲って肉を喰らうようなゾンビは登場しない。彼らは肉体が腐るわけでもないし、それどころかモンスターの類ですら、ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

資料的意味合いの強い作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おそらく国内で入手できる数少ないゾンビの“研究”資料。
筆者のウェイド=デイヴィスの実体験から描かれる本物のゾンビ像は映画などのまがい物とは全く異なる様相を見せる。
体を腐らせながら愚鈍な足取りで向かってくるゾンビは作り物でしかない。
本当のゾンビの恐ろしさは死してもなお労働を強いられる悲しい宿命にある。

※もう一つの「蛇と虹」と内容はほとんど変わらない。しかしこちらはデータをもとにレポート的にまとめてある。一方「蛇と虹」はウェイド=デイヴィスが体験したドキュメンタリーとして描かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示