サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 足立区商社勤務さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

足立区商社勤務さんのレビュー一覧

投稿者:足立区商社勤務

1 件中 1 件~ 1 件を表示

経済政策は誰のためにあるのか?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「人間が幸福になる経済とは何か」というタイトル。原題は「The Roaring Nineties」(狂騒の90年代)だから、思い切った変え方だが、本書を夢中で読んだあと、納得した。まさにこれがスティグリッツの魂の願いだった。

日本の政治家は、本書の7章と8章を必読ではないだろうか。7章「減税が熱狂をあおった」を読むと、昨今の税制議論が本当に浅薄なものに思える。増税か? 減税か? なんて、単純なものではない。誰に対する増税なのか、誰にとって減税となるのかこそが大事なのだ。8章の「もはやわれわれは安心な生活を送れない」では、年金制度と雇用方針の変化によって、個人が昔よりはるかに市場の変動を受けることが書かれている。

経済政策はいったい、誰を幸福にしようとして作られていくのだろうか? 一般庶民のためと、おためごかしのように唱えられて、その実、富裕者のみを利する。金持ちが富めば、そのおこぼれが貧しい人びとにこぼれ落ちていく、という発想がはびこっているのではないか。われわれが幸福になるための経済とはどういったものなのか? スティグリッツはそれを探そうとしている。血のかよった経済書。それこそが人びとに、世界における不幸な現実への思いをうながし、われわれが確かに地球のひとりであることを喚起するのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示