サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. のど飴さんのレビュー一覧

のど飴さんのレビュー一覧

投稿者:のど飴

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本くらのかみ

2004/03/01 22:28

くらのかみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表紙を開けた瞬間に目に入るシリーズ独特の模様。ページをめくると、透けた紙と絵。もくじに入るまでにどきどきしてしまいました。
場面は夏休み、主人公は、なだらかな山のふもとにたったお城のような大叔父さんの家に父に連れられてやってきました(緑をベースにした村上勉さんの絵がきれい)。
大叔父さんの後継ぎを決めるために来たのですがそこで事件がおこります。
1つめは主人公のように親に連れられてきた子供たち4人で死人ゲームをしようとするといつのまにか子供が1人増えているという事件です。皆知っているのに1人増えている。ざしきわらし?
2つめと3つめと4つめは何者かに子供たちの親が狙われるという事件です。お父さんお母さんが危ない。結局2つは子供たちが親を救います1つの事件はとめる事ができませんでした。
犯人はだれ?! 行者のたたりか?! アリバイと推理で考えてゆくと誰も当てはまらない。ちょっとまった!! あの人は? と思えば作者がその思いを察して主人公にこう言わせます。
「忘れたの? 子供は一人多いんだよ。」
一気に読んでしまいました。えっ? もしかしてあの人? いやそんなはずが。大人に子供の気持ちはわからないんだなー。大人って鈍くてこわいなー。人間って欲深いなー。と本を読んだあとに思いボーっとしてしまいました。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示