サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ウランさんのレビュー一覧

ウランさんのレビュー一覧

投稿者:ウラン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本サハラに舞う羽根

2004/04/16 13:38

心理に重点には違いないけど、こりゃないよ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あとがきによると、本書は行動よりも心理に重点が置かれた話だという。その点に嘘偽りはない。だが読んでみて、こりゃないよと思った。
戦争に行くのを拒否して、臆病者の烙印を押された主人公ハリーが、1人戦地に赴いて友人たちを救う…このあらすじで、心理に重点と聞けば、主人公が友人たちを救うため、あるいは自らの名誉回復のため、その他理由は何であれ、危地に身を投じる決意をするまでの心理が克明に描かれる、と想像しても、決して的外れではないだろう。
だが意外にも、この種の心理描写は全くなく、ハリーはあっさりと冒険に赴く。そして物語の主体は、ハリーのもと婚約者エスネと、エスネに求愛する友人のデュランスに切り替わる。誰とも結婚する気になれないが、デュランスをはねつけるのも忍びないエスネの心理が、これでもかこれでもかと描かれる。
ハリーはどうしたの、といいかげん我慢の限界に来ていたところ、エスネのもとにハリーの冒険の知らせが届けられる。なに、ハリーの冒険は、こんな間接的な形でしか描かれないの? 主人公は彼じゃなかったの? この後、この知らせに心を乱されたエスネの心理が、再びこれでもかこれでもかと描かれるだろう事は、読まなくても容易に想像がつく。こう思うと完全にイヤになって、本を壁に投げつけてしまった。
多少ネタばらしになっても、このような特殊な展開をする話だと、あとがき等でそれとなく警告してほしかった。そうしたら、少なくとも読者が本を投げ捨てる事態は避けられただろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示