サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぽち・ざ・どっぐさんのレビュー一覧

ぽち・ざ・どっぐさんのレビュー一覧

投稿者:ぽち・ざ・どっぐ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本医療倫理学のABC

2005/01/10 16:46

眼からうろこのアドボカシー論

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本を一読して、眼からうろこが落ちた。それはきわめてユニークなアドボカシー論についてである。多くの看護系の医療者にとって、医師のパターナリズムに対抗して、弱い立場の患者を護ること、患者の権利を擁護することが看護の役割であり、そのための「錦の御旗」がアドボカシーと考えられてきた。しかし、著者は言う。「患者が十分に自立的でないことを前提にして成立するもので、(アドボカシーとはすなわち)一種のパターナリズムである」と。患者のために良かれと思って、患者の真意(これも著者は否定する)を考えずに、医療者の価値観を押し付けることがあるとすれば(実際には善意の押しつけが多いようだ)、これは暴力であるという。全編をとおして、医療を批判的に語るが、その一方で、若く感受性豊かな看護学生にたいして、暖かいまなざしにあふれる語りである。医療とはなにか、どうあるべきか、考えさせられる良書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示