サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. インスクリプトさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

インスクリプトさんのレビュー一覧

投稿者:インスクリプト

2 件中 1 件~ 2 件を表示

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

現代フランス政治哲学を代表するジャック・ランシエールの著作、本邦初刊行。本書はランシエールの主著と目されるものです。テクストは「政治的なもの」をめぐる著者の思考の到達点を示すもので、ここで展開される議論はラディカルにして、無類のおもしろさを備えています。見せかけの現代民主制の欺瞞を鋭く突き、存在の平等をめざす真の政治を標榜するその精緻な議論は、ネオリベラリズム、市場主義に翻弄される現代の政治状況下にあって必読書と言えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本思想はいかに可能か

2005/03/03 18:42

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1966年、三島由紀夫・吉本隆明・江藤淳を論じ、東大新聞五月祭賞を受賞した「思想はいかに可能か」をはじめ、20歳代の柄谷行人が記した批評全七篇を一冊に収録。『畏怖する人間』以前の、現代屈指の批評家の軌跡をまとめました。浅田彰氏が「柄谷行人のアルファにしてオメガ!」と評したように、『トランスクリティーク』にいたるまでの、デビュー時から一貫する鋭い斬れ味と思考のラディカリズムに読者は驚くにちがいないでしょう。批評空間版『初期論文集』を改題・新装版として刊行するものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示