サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 佐藤さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

佐藤さんのレビュー一覧

投稿者:佐藤

1 件中 1 件~ 1 件を表示

天使

2002/11/20 12:57

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 〈昨日の世界〉の物語を書こうと思い立ったのは、今から四半世紀近く前のことだった。自分が生れる半世紀も前に解体され、地上から消えた帝国の何にそれほど惹かれたのかは判らないが、ツヴァイクが描き出す黄昏のウィーンは、現物の観光都市ぶりにたっぷり鼻白んだ今も、私を魅了し続けている。
 ただしその物語は、ツヴァイクともムージルともロートとも全く異るものだった。
そのままの方が、一部の素朴な読者諸氏にははるかにお気に召しただろう。それが四半世紀の間にメモさえ捨て去った理由である。今や世界は年経り、私もまた老いた。小説の大枠は、〈人間ノ努力ノ虚シサ〉に対する諦観によって大幅に変更されている。ただし、主人公の設定にはまるで手を触れていない。その矛盾がひどく気に入ったからである——あらゆる可能性を与えられながら、その全てが目の前を流れ去る時、人間には一体何が残るものだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示