サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 白夜書房さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

白夜書房さんのレビュー一覧

投稿者:白夜書房

1 件中 1 件~ 1 件を表示

マトリックスの哲学

2003/10/06 14:14

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

解読マトリックス完全理解への必携バイブル

前世界を席巻した話題の映画「マトリックス」シリーズ
その裏側に隠されたメッセージを読み解く待望の論考
気鋭の哲学者によるアンソロジー

『マトリックス・レボリューションズ』11月公開決定!

文化批評家のスラヴォイ・ジジェクは、『マトリックス』は哲学者・思想家のロールシャハ・テストのようなものではないかと言う。そこに自分のお好みの哲学を見るというわけだ。実存主義、マルクス主義、フェミニズム、仏教、ニヒリズム、ポストモダニズムというように。(序章より)

《目次》

序論──『マトリックス』に関する省察

シーン1 どうしてわかる?
 1 コンピュータ、洞窟、お告げ──ネオとソクラテス(ウィリアム・アーウィン)
 2 懐疑論、道徳、『マトリックス』(ジェラルド・J・エリオン+バリー・スミス)
 3 マトリックスかも(デーヴィッド・ミツオ・ニクソン)
 4 見る、信じる、触れる、真実(キャロリン・コースマイヤー)
シーン2 砂漠の現実世界
 5 『マトリックス』の形而上学(ホルヘ・J・E・グラシア、ジョナサン・A・サンフォード)
 6 機械製の幽霊──心の哲学マトリックス風(ジェイソン・ホルト)
 7 新[ネオ]唯物主義と主体の死(ダニエル・バーウィック)
 8 運命、自由、予知(セオドア・シック、ジュニア)
シーン3 倫理と宗教の兔穴
 9 スプーンはないんだ──仏教の鏡(マイケル・ブラニガン)
 10 『マトリックス』の宗教と多元主義の問題点(グレゴリー・バッシャム)
 11 幸福とサイファーの選択──無知は幸いか(チャールズ・L・グリスウォルド、ジュニア)
 12 みんなでひとつ──カントによるマトリックスの扱い方(ジェームズ・ローラー)
シーン4 バーチャルなテーマ
 13 地下生活者の手記──ニヒリズムと『マトリックス』(トマス・ヒッブス)
 14 苦い薬を飲む──実存的な意味での本物の自分(『マトリックス』と『嘔吐』)(ジェニファー・L・マクマホン)
 15 ネオ-フィクションへのリアルな反応というパラドックス(セイラ・E・ワース)
 16 リアルなジャンルとバーチャルな哲学(デボラ・ナイト/ジョージ・マクナイト)
シーン5 『マトリックス』の解体
 17 キアヌを貫いて──新しい穴と陳腐な話(シンシア・フリーランド)
 18 マトリックスとマルクス、あおして乾電池の人生(マーティン・A・ダナヘイ+デーヴィッド・リーダー)
 20 マトリックス、あるいは倒錯の二面(スラヴォイ・ジジェク)

能力者たち[ザ・ポテンシャルズ]
訳者あとがき
索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示