サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. HATOさんのレビュー一覧

HATOさんのレビュー一覧

投稿者:HATO

2 件中 1 件~ 2 件を表示

通称「ノートの会の赤本」

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

某掲示板で割に評判の良い本なので、使ってみました。
「ノートの会の赤本」と通称されている本で、採用の筆記試験として一番多く使われている「SPI2」の問題集です。
最近はマークシート方式だけではなく、パソコンで受検する方式のもあるらしい。
パソコン受検方式は、さらに2種類あり、自宅で受検する方式と試験会場で受検する方式がある。
後者が「テストセンター」方式と呼ぶらしく、これが非常に実施しているケースが多いそうだ。
「SPI2」というのは、マークシート方式だけだと思っていた私には結構目から鱗でした。
この本はマークシート方式とテストセンター方式の両方について解説しています。テストセンターは出題されるジャンルがマークシート方式とやや異なることがわかったのは収穫でした。
他の問題集には書かれていない内容が詳しく書かれているので、なかなか良い本だと思います。
姉妹版の「この業界企業でこの採用テストが使われている」に、企業がどの種類のテストを使っているかが載っているので、それを参考にして、マークシート方式が出るのかテストセンター方式が出るのかを事前に確認してから学習すると、より効果的だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

通称「ノートの会の黄本」

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

某掲示板で評判が良かったので、使ってみました。
通称「ノートの会の黄本」。
前半はさまざまな採用テストの説明と攻略法が載っている。
よく名前を聞く「SPI2」以外にも「CAB」「GAB」「SCOA」「TAP」「クレペリン」などいろんなテストがあることがわかる。
後半はどの企業でどの種類のテストが使われているのかがかなりの数載っている。
これを使って自分の志望企業の対策を集中的に出来ると思う。
たぶん、この本は最初に読む1冊で、そのあとに、自分が受ける企業や業界で出題されるテストの専用の問題集をやると良いのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示