サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ミラ猫さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ミラ猫さんのレビュー一覧

投稿者:ミラ猫

1 件中 1 件~ 1 件を表示

史料が語るビザンツ世界

2006/08/15 16:58

題名が……

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『史料が語るビザンツ世界』。この題名は私に、今までのビザンティン関連書籍よりさらに踏み込んだ内容が展開されているのでは、という期待を抱かせた。が、本書はまさに期待外れだった。
 ビザンティン世界に生きた人々、皇帝、修道士、大土地所有者、庶民……、それぞれを対象に史料を引用しながら、解説していく。その構成はいいのだが、どうもそのイメージが断片的すぎて、全体像が浮かび上がってこない。だから、当時の人々が生きた様を想像し理解するのは、困難だ。例えば知識人の章では、俗世に生きて活躍した人には詳しく触れられていないし、庶民の章では、あまりにも内容が貧弱なような気がする。宦官の章が比較的詳しく書かれてあったのを考えると、残念だ。もっと普遍的な全体像を構築してほしかった。
 巻末には、ビザンティン関連史料に関する説明が載せられている。原典に挑戦しようと思われる人には、かなり有益であると思われる。
 個人的には星★★だが、私のように過度な期待を抱かなければ、それなりに楽しく読めると思うので、星は★★★にした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示