サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゲップ6号さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

ゲップ6号さんのレビュー一覧

投稿者:ゲップ6号

2 件中 1 件~ 2 件を表示

スロー・ラーナー

2001/09/21 16:08

スロー・ラーナー

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 めったに作品を出さないアメリカの巨匠トマス・ピンチョンの初期短篇集である。序文には彼が自らの人生を回顧したような文章が載っており興味深い。みなさんもアメリカの現代巨匠の作品をこの機会に読んでみては

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本愛の疾走

2001/09/23 20:54

愛の疾走

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いわゆる通俗小説である。しかし、なかなか複雑な構造を持っている。何故かというと小説家志望の大島十之助は小説を書くために若い男女を小説のネタにしようとしていろいろ策略を練る。つまり、この小説は二重構造を持っているのである。そこらへんがうまくまとめられているのが三島の腕か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示