サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆら さんのレビュー一覧

ゆら さんのレビュー一覧

投稿者:ゆら 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本すいかの匂い

2002/03/17 14:26

手放さずにいる記憶の匂い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 子供のころは大人だったと思う。
 ものごとや関わるものを、そのままの大きさや重さや匂いで感じとれた。同じものを今の自分が見たとしても、もう遠いはずの当時の方がよっぽど鮮明に、正しい形で記憶している。それらを純粋さと呼んで片づけてしまうにはあまりにも惜しい。自分があいまいになっていくことは、不本意でもあり、ちょっとばかりせつないのだ。

 そういう意味で、江國香織さんという作家は大人だと思う。同世代でありながら、今もなお、とても正確に誠実にものごとを見ているまなざし。もちろん、文章の力というものも大きいのだろうけれど、こだわるほどに過剰に本質から遠のくのも文章だと思うから。

 夏の記憶は濃く鮮やかだ。肌の表面をじりじりさせる日差しだとか、耳の穴の形に埋まってしまったようなセミの鳴き声だとか、プールのカルキの匂い、ビーチサンダルのキュウという音、かき氷で赤や緑に染まった舌、素足で踏む畳の温度。

 たとえばそんな、自分だけ(が持っていると思っている)の記憶の断片すら、この本を読んでいるとあっという間に、しかも自然によみがえる。

 『すいかの匂い』は、11編で綴られた短編集である。おもに低年齢の少女たちの目線で描いているにもかかわらず、どのお話も甘さがまるでない上、プリズムを微妙にずらして見たような不思議なまぶしさを感じる。軽い失望、怠惰、諦めや嘘、迷い、秘密、駆け引き、とりかえしのつかないこと。 知っていくごとに、いつのまにか手の中からすりぬけていくものたち。それらがきめ細かく織り込まれている夏の短い物語。

 みごとです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示