サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. t.sinさんのレビュー一覧

t.sinさんのレビュー一覧

投稿者:t.sin

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本チョコレイトの夜

2008/01/30 14:50

進化した中園

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

デビュー作『オルゴール』が普通の子の視点から、いじめられている子を描いたように、本作も、いじめを知ない男の子の視点から、いじめを受け、傷ついた男女を描いている。
しかし、本作は、一読すればわかるが、いじめについての認識が『オルゴール』より、深まっている。
それは本作のラストシーンに象徴的に現れるのだが、ネタバレになるので多くは語るまい。

――なぜ書くのか?
という質問の答えに、本書はなっている。
サークル小説研究会に籍を置く、過去にいじめを受けた女の子が言う。

《「表現なんて、しなくてすむならしないよ。[……]でも、表現しないと
生きていけないの。私たちは、生きるために書いてるだけなの」》

彼女が書いた小説『夕焼け仔猫』は修羅場と化した、いじめを描いたものだった。
「ぼく」が大学一年生で友達になった、「森山」くんも、いじめを受けていた。
そして「森山」くんも未完成の小説を抱え、書きながら、いじめから逃げず、いじめに向きあおうとする。

中園はもっと、いじめについて知ってもらい、いじめをなくそう、として書いている。
想像でしかないが、中園も思い出したくない過去、それから逃げずに小説を書いているのだと思う。
そして、本書は、これからも書き続けるぞ、という中園の決意表明の書となるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示