サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 11歳のミルフィーユさんのレビュー一覧

11歳のミルフィーユさんのレビュー一覧

投稿者:11歳のミルフィーユ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本おばあちゃんのえほうまき

2016/06/26 07:06

一緒に恵方巻を作る  食文化をつたえていきたい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今から10年以上前の話ですが、ムスメが小学生だった頃、
その年の2月毎日恵方巻を作ったことがありました。はい、毎日です。

それは、ただただ恵方巻が上手になりたかったから。
毎夕食に恵方巻が並ぶ食卓、いつしか食べるのは私だけになりました。(笑)。
おかげさまで恵方巻、私の得意料理の一つと数えてもいいかな?くらいのレベルには…と
自画自賛しております。

で、こちらは野村たかあきさんの木版画による、恵方巻絵本です。
おばあちゃんが節分の日に恵方巻を作ってくれる、
そんなおいしい行事の一日。
恵方巻の由来や作り方の手順(巻末には料理研究家による詳しいレシピも)もわかりやすく、
私が毎日恵方巻を作っていた当時にあれば、
きっと愛読していたなぁと、思いました。
一緒に恵方巻を作る、日本のこんな食文化を伝えていきたいですね。

「おばあちゃんのおせち」もありますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本の花

2014/01/22 14:36

「野蛮な読書」に続く、待ってましたの書評集!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本の雑誌社から、平松洋子さんの書評集が出た!

もう、これだけで嬉しくなる!

彼女のエッセイは読むだけで心躍る感じで、もちろん書評もそうである。
彼女がオススメするのであれば、手に取ってみたいと思う。それだけの影響力が平松洋子さんにはある。

今回も「あれも読みたい」「これも読みたい」の大嵐!
どんな本を読みましたって秋の数日を日記風にまとめてあるところもあって、
ここが特にお気に入り、でした。
その中で、「ひとりで乗る新幹線はいつもうれしい読書タイムだ。」とあって、大いに納得。
あの車窓を流れる景色の早さと本を読むスピードが絡んで、ぐいぐい進むような、特別感がありますよね。

「野蛮な読書」に続く、待ってましたの書評集、でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示