サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. つゆりさんのレビュー一覧

つゆりさんのレビュー一覧

投稿者:つゆり

紙の本アインシュタインからの墓碑銘

2009/09/13 01:43

今の日本のあり方を考えさせられる秀逸なノンフィクション作品

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

原作者の比企寿美子さん、ご自身の戦争体験を元に、祖父である三宅速先生と アインシュタイン博士の偶然の必然とも言うべき、出会いを織り交ぜながら 決して、飾ることなく、ありのままのご自身の体験を綴られた良著です。 計算された文書構成と、流れるようなストーリがうまく読み手を引き込み 私自身も一気に読んでしまった秀逸な、ノンフィクション作品です。
この作品で語られるアインシュタイン博士が何故「原子爆弾推進」に署名
したか、そして原子爆弾を落とされた日本への想い、三宅家の苦労・苦悩
そして、今の日本人が忘れかかっている「良き家族のあり方」等、現代の
「戦争を知らない」人達にとって、学ぶべき点と、平和という概念がいかに 今の日本にとって、「良い状態」であるかを考えさせてくれる良著である と思います。読まれていない方は是非一度お手にとって、拝読すべき本だと 感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する