サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. K. ANDOさんのレビュー一覧

K. ANDOさんのレビュー一覧

投稿者:K. ANDO

1 件中 1 件~ 1 件を表示

一級品の戦争報道

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 1998年以降のアフガニスタン及びイラクにおけるニューヨーク・タイムズ紙記者の従軍経験が21章にわたって記されています。

 アフガニスタンやイラクに関する書籍は、ジョージ・W・ブッシュ前米国政権の対イラク政策の非難に終始しがちですが、この本は、政治的な主張が前面に出ることなく、戦争を報じる記者の経験(その多くは新聞に掲載されることのないもの)が記されています。

 一つ一つのエピソードは独立しており、全体としてまとまった物語にはなってはいませんが、まるで海水の一滴に大洋の味が集約されているように、記者個人の戦争従軍記者経験が鋭い洞察とともに記述されていて、戦争全体について読者の思考を誘います。最高級の戦争報道の一つだと思います。

 有沢氏による翻訳はこなれており、巻末の柳澤NHK解説委員の解説も秀逸です。可能ならジョージ・パッカーの『イラク戦争のアメリカ』(みすず書房)と併読すると、イラク戦争の理解がより立体的になって、おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示