サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. YOMUKOさんのレビュー一覧

YOMUKOさんのレビュー一覧

投稿者:YOMUKO

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ハイドラ

2010/11/26 15:53

ハイドラ、依存なしには生きられない

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

Hydra。ヒドラ。親の身体から発芽する細長い身体に触手をつけた小さな生物。あるいはギリシア神話の怪物。

早希、体重35キロ。自己評価は「読者モデル上がり」のモデル。

早希を発芽させた親、彼女をモデルとして世に送り出した人物は「過剰な自尊心とナルシズム」を持つカメラマン新崎。

早希は新崎を愛しながら憎み、「彼の望みがそのまま私になる」というほど精神的にも経済的にも依存している。

その関係は、男女の仲でありながら、親子のようだ。父親というより、むしろ、一般的には母親的な。どれほどすがっても、それは崩れそうな腐った関係でしかない。

早希は子が親に見捨てられるのと同じ恐怖を、新崎に感じている。それは彼女にとってアイデンティティの崩壊。だから捨てられない=太らないために、食べものを密かに「噛み吐き」する。

よりましな選択があり、自立する能力があるのに、早希は狂った依存、狂依存から脱却できそうになく、また、根本的な原因であろう自らの家族関係には目を向けない。

早希と同類のリツが言う。

「そんなに簡単に、簡単な人間に戻れると思いますか?」「一足す一はゼロみたいな、歪んだ図式で世界を捉えていた人が、常識的な世界に戻るのは、難しいと思います」(P126 )

この話が、世代に関係なく、私のような中途半端なババアにも共感できるのは、早希やリツの本質が、昭和な主婦と変わっていないからだ。

他者に経済的、精神的に依存し、じぶんの境界線をあいまいにし、アイデンティティを他者と重ね合わせて生きている。

痛みの表現はデビュー作『蛇にピアス』をピークとしてマイルド化、ひりひりする痛みを薄め、文学性をキープしたままポピュラーな小説としてこなそうという実験か。

金原ひとみが書く小説であれば、どんな作品であれ、つきあう気持ちでいるが、ファンとしては、表現の過激さではなく、問題と向き合う深さで、さらに突き抜けて欲しい気がする。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本TRIP TRAP

2010/11/27 12:45

旅する純文学、その旅を触媒とした化学変化

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

純文学な人が旅をする。これはただごとではない。

海水浴やハワイ、パリ、イタリア、今の日本ではよくある行き先も、ただごとじゃなくなる。

15歳の家出同棲パチンコ屋の寮、ナンパ場としての日本のザ・海水浴場、夫婦で行くベタなハワイや文学的出張のパリ、新生児(4か月)と行くイタリアの田舎町。

旅先のハプニングは、ありがちな出来事と、ありえない特異な出来事、どっちもあり。いずれにせよ、登場人物がまきこまれる事件の衝撃度には関係なく、金原ひとみが毒のある筆で描けばスキャンダラスになる。

旅は触媒となって人に化学変化を起こす。

夫がアロハを着たりボディサーフィンに夢中になったり、言葉の通じない国で食当たりで死ぬ思いをしたり、思うままに生きてきた女が飛行機内でうんこした四か月の赤子を、健気にも、数時間、辛抱強く抱えていたり。

それらの渦中で感じたこと、心境の変化とはどんなものか。

つきはなして観察し、言葉を尽くして描写されるから、生々しい皮膚感覚で伝わってきて、強い印象で残る。

家事育児、超現実的な日常にまみれながらも、こういう毒気のある小説を書き続けられるのが金原ひとみの凄さ。文学を生きている、みたいな。やはりただものではない。

「蛇ピ」で毒気に当てられた読者は、今回の作品はノーマル&ナチュラルすぎるように感じ、これらを先に書いてたらこの人のデビューはあったのだろうかなどと、余計な疑問がわいてくるが、あちこちに毒気は健在で、ある意味ほっとする。

この作家の文章を毛嫌いする人は、作家が仕込んだ文学の毒気にまんまと当てられたってことであり、それが作品が成功してるあかしなのだろう。

これらの旅が完全に消化されたら、どんな虚構が生まれるんだろう。このあとの作品も楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示