サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 丸善
  4. 有明ガーデン店

店舗詳細

丸善 有明ガーデン店

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

丸善 有明ガーデン店 有明ガーデン店

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

丸善 有明ガーデン店 有明ガーデン店

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒135-0063
東京都江東区有明2-1-8 有明ガーデン4F
電話番号

03-5962-4180

営業時間

10:00~21:00 当面の間 10:00~20:00

定休日

当面の間 短縮営業 10:00~20:00
1月無休
2月1日 休業

取扱商品
  • 和書
  • コミック
  • 文具

取扱サービス
  • hontoポイント
  • 駐車場
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

ゆりかもめ有明駅徒歩4分 りんかい線国際展示場駅徒歩5分

店舗地図

Map data ©2021 Google, ZENRIN

Google Mapで詳しく見る

備考 駐車場情報
駐車場情報はこちら>> (※有明ガーデンに順じます。)

免税について
丸善 有明ガーデン店でお買い上げいただいた商品は、有明ガーデン免税カウンターにて免税手続きを承ります。詳細は店舗までお問い合わせください。
免税対応店舗についてはこちらをご確認ください。

お支払い方法一覧
■ 決済
現金
クレジット
デビット
図書カード
QUOカード
ギフト券(一部)
銀聯

■ 電子決済
交通系IC
iD
楽天Edy
WAON

楽天ペイ
PayPay
LINE Pay
d払い
auPAY
WeChat Pay

■ ポイント
hontoポイント
楽天ポイント
dポイント
Pontaポイント

お知らせ
2020年6月17日より、honto店舗お受け取りサービスを開始いたします。
インターネットやアプリで在庫を確認し、店舗の在庫をお取り置きすることができます。お近くの店舗に在庫が無くても、出版社などから在庫をお取り寄せし、お近くの店舗でお取り置きいただけるサービスです。
詳しくはこちらをご確認ください。
※PCからご覧になられている場合はこちら

代引きサービス
代金引換便での配送も承ります。送料・手数料は店舗までお問い合わせください。

店舗詳細
オープン日:2020年6月17日(水)
350坪ほどの売り場で約21万冊の書籍を揃え、皆様のご来店をお待ちしております。50坪ほどの文具売り場もございます。

ソーシャルメディア情報
丸善 有明ガーデン店では以下のSNSから情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。
・twitter: @maruzenariakeg
・LINE: 「丸善 有明ガーデン店」で検索、またはこちらから
友だち追加

お知らせ・イベント

有明ガーデン店のフェアやサイン会などの新着イベント情報をご紹介します 一覧を見る

採用情報

    • 現在募集はございません

書店員レビュー

福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

隣のずこずこ (新潮文庫)柿村将彦 (著)

隣のずこずこ(新潮文庫)

書店員:「ジュンク堂書店福岡店スタッフ」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)
※※※権三郎狸襲来※※※

思わず手にとってしまうタイトルだ。
少女の隣にいるのはトトロではない。
フォルムは多少似通っているかもしれないが、ずこずこと歩いているのは冷たくつるりと固い、信楽焼の狸である。
権三郎狸が村にあらわれるとそのひと月後、巨大な姿となって人を飲み込み、火を吐きながら自分たちの村を破壊して去っていくという。
語り継がれたその物語は、この村に住む者であればだれもが知っている昔話であり、大人であれば狸は災害や疫病の象徴、または何かの教訓として残されたものかなにかだろうと思うだろう。
だが、これは象徴でも教訓でもない、まぎれもなく現実そのものだったのだ。
狸と一緒にあらわれた女はいくつかのルールを伝える。
・女と狸が村をおとずれたその日に村にいた人間は全員一か月後に狸に飲まれて死ぬ。
・どんなに遠くへ逃げようと、回避はできない。
・狸が飲んだ人間のことを、残された人間たちは忘れてしまう。
どんなに理不尽であっても、このルールは揺るがない。
これはパニックになるなと思いきや、「来てしまったものは仕方がない」と村人たちはこちらが戸惑うほどにそれを受け入れてしまうから意味がわからない。
まるで宿題も目的もない夏休みのような奇妙な日常がたんたんと続くが、やはりそれはどこかいびつだ。
読者には主人公「はじめ」以外の思考がわからない。
わからないから知りたい。
でもわからない。
だからよけいにおもしろいのかもしれない。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。