サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. 丸善 名古屋本店
  5. 【アーカイヴ】 第144回 丸善ゼミナール ザカリーヤー・ターミルから読みとく中東文学の魅力

トークイベント 開催終了 丸善  名古屋本店

開催日時:2018年04月01日(日) 14:00~15:00

【アーカイヴ】 第144回 丸善ゼミナール ザカリーヤー・ターミルから読みとく中東文学の魅力

2018年4月1日(日)14時より 1F特設会場にて
参加費:500円(シリアのハーブティー、ならびに本書の特製ポストカード付き)

(終了しました)

 現代シリア文学の旗手、アラブ短篇小説に新たな地平を切り拓いたザカーリーヤー・ターミルの短篇集と中篇小説を収録した『酸っぱいブドウ/はりねずみ』が白水社の「エクス・リブリス」シリーズより発売されます(本邦初訳)。
長く言論・思想統制が続くシリア社会で、頭と心の自由を存分に生かし、現実社会の絶望と人生の不条理を鮮やかに描き出した、シリカルかつユーモラスな本書は、人間の心をさまざまな角度から照らしています。

 今回のマルゼミでは、本書を翻訳された柳谷あゆみさんをお招きし、ターミル作品の魅力や中東文学の面白さ、そしてシリア国内の情勢が作品に与えた影響など、縦横無尽に語っていただきます。
 欧米の文学に比べると、なかなか触れる機会の少ない中東文学。
 その深さ・面白さを、このイベントをきっかけに楽しんでいただければ幸いです。

著者紹介:ザカリーヤー・ターミル(Zakaria Tamer)
1931年、シリア・アラブ共和国、ダマスカス生まれ。
13歳から製鉄工として働き始め、その傍ら図書館での濫読生活によって学識と教養を培う。
1950年代末から執筆活動に入り、1960年に第1短篇集『白馬のいななき』を刊行。
鮮烈な文壇デビューの後は短篇小説家・ジャーナリスト・児童文学者・編集者としても活躍。
シリアでの活動が困難になったこともあり、1981年から英国オックスフォードに拠点を移す。
現在でも執筆活動はアラビア語で行っている。
現在87歳。

訳者紹介:柳谷あゆみ(やなぎや あゆみ)
1972年東京生まれ。
慶應義塾大学文学研究科後期博士課程(東洋史学)単位取得退学。
(公財)東洋文庫研究員・上智大学アジア文化研究所共同研究員。
専門はアラブ・イスラーム中世史。
アラビア語からの翻訳にイハッブ・ザハダァ他著『3in1』など。
歌集『ダマスカスへ行く 前・後・途中』(2012年)で第5回日本短歌協会賞受賞。

2018/03/20 掲載