詳細検索
注目のキーワード:
村上春樹
伊坂幸太郎
バベル九朔
探偵の探偵
幸せになる勇気
限定価格
無料本
鬼灯の冷徹
東京喰種トーキョーグール
ちはやふる

小説・文学・ライトノベル最大ポイント20倍(エントリー)(~6/2)

電子書籍

暗殺教室 12(ジャンプコミックスDIGITAL)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ビューアアプリについて

コミック

暗殺教室 12

松井優征(著者)

電子書籍

400 ポイント:3pt

紙書籍より:32円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

紙書籍

432(4pt) 暗殺教室 12 「死神」の時間 (ジャンプ・コミックス)

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

E組生徒に支給された新しい体育着は、世界最高の性能を誇る代物だった。暗殺の幅が大きく広がった生徒達に忍び寄る黒い影が…。殺し屋“死神”襲来!!

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
PC EPUB 42.0MB 無制限
iPhone EPUB 42.0MB 無制限
iPad EPUB 42.0MB 無制限
Android EPUB 42.0MB 無制限

小分け商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.4
4.4
評価内訳 全て(22件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

とても面白い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/04/22 17:36

評価5 投稿者:ぴーまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

暗殺教室は、楽しくて面白い要素もあるけれど、登場人物の学生だから感じる思いや本音が描かれているところが心にしみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

イリーナ(ビッチ先生)がメイン!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/27 15:14

評価5 投稿者:作曲好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛しの烏間先生から誕生日に何も貰えなかったイリーナ先生。気を利かせた生徒たちは、烏間先生にプレゼントを渡すよう提言します。ですが、プレゼントを渡す際、烏間先生が放った一言でイリーナ先生は、深く傷つき・・という話です。この巻では、「死神」と呼ばれる殺し屋が登場したり、本来暗殺者であるイリーナ先生の本気の技の数々が見られます。また、生徒達だけでなくイリーナ先生の事も見守っている殺せんせーが素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

体育着

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/26 22:42

評価5 投稿者:くー - この投稿者のレビュー一覧を見る

、、、これはもう体育着とは言えない
ただの戦闘服だと思う
まぁ、ビッチ先生の案3は置いといてね笑

で、対死神編?の烏間がすごい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

伏線

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/03 09:34

評価5 投稿者:waltz - この投稿者のレビュー一覧を見る

伏線はりまくりのスゴイ漫画です。話にちぐはぐな違和感がない!ギャグ漫画のようでそれだけではない、深さのある不思議なマンガだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 ドSカラスマ先生の巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/22 14:13

評価5 投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずは表紙がとってもかわいい。パクりとか流行ってwwますが、これはオマージュと言うことでwww
殺し屋死神に捕らえられてしまった生徒達を助け出すカラスマ先生がカッコいいと言うよりこんだけどねスキルがあるんだったらカラスマ先生が暗殺しちゃえば!と思ったのは私だけではないのではww
それでも殺センセーはもっと凄いと言うことでしょうけど、暗殺を通じて本当にこのクラスは結束と団結力があり捕まっても臆する事なく先へ進もうと素晴らしいクラス力を見れました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価0 投稿元:ブクログ

2015/01/04 00:07

平和で楽しい毎日を送るビッチ先生が久々に暗殺者としての本業を思い出す巻です。烏丸先生もかっこいい。いいところで終ってしまったのでとても続きが気になる。
巻末、人気投票の女性票率がすごい。男性票が圧倒的に多いのはビッチ先生だけか。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/07/02 18:17

死神編。死神にビッチ先生を人質に取られ、彼女を救出に行くE組の生徒たち。けれど死神の暗殺能力になす術もなく捕まってしまう。その上、ビッチ先生が裏切り、死神側についてしまう。捕まってしまった生徒たちを助けるため、殺せんせーと烏間先生がやってくるが…。
死神強ぇ〜。けどモヤでよく分からん(笑)烏間先生が不気味な笑顔で生き生きしてるww13巻から反撃開始かな?殺せんせーがこのまま黙ってるとも思えないし。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/01/05 16:35

そろそろアニメ化だな。
イリーナ先生が本当にモロイのかそれとも果たして演技なのか。その辺りがイマイチわからないけどとりあえずカラスマはカッコイイな。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/01/07 22:20

12巻になっても、相変わらず安定して面白い。やはり、1年間という終わりの時期が決まっているのは大きい気がする。
ビッチ先生の気持ちに気づいているカラスマ先生って、けっこう萌えシチュエーションですね。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/07/12 14:19

「死神」登場!
E組がまったく歯が立たない・・・

花屋のお兄さん顔メインなので、大物感があまりしない。

ビッチ先生が鍵を握ってそう。

評価5 投稿元:ブクログ

2016/04/06 09:40

E組生徒に支給された新しい体育着は、世界最高の性能を誇る代物だった。
暗殺の幅が大きく広がった生徒達に忍び寄る黒い影が…。
殺し屋“死神”襲来!

死神編スタート。
これまでにちょっとずつ伏線張られていた最強の殺し屋「死神」が襲来。
ビッチ先生がこんな形で敵になってしまうとは…。でもこうして敵対してみると、やっぱり彼女もプロなんだよねって思い出させられる。
薔薇のくだりは烏丸先生分かっててやってるにしても、あんまりだよなぁ。
死神が前回登場のあの花屋さんというのは意外だった。おまけにナチュラルに教室入ってきて会話に混ざるから一瞬こっちまで混乱した。にこやかに怖いこと言うし、よく見たら花束菊じゃないですかー。
おまけに途中からもはや黒いもやみたいになってて、この人マジで人間なのかすら疑問なんだけど。
でもそれをいうと後半からの烏丸先生の方が本当にスゴすぎて、もはや笑っちゃうレベルだった。トラップあると分かって「まぁいい開けよう」はないだろう。人類最強すぎる。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/10/04 18:50

プロの仕事はやばいな。生徒たち死んじゃうよ。でも、殺せんせーなら絶対助けてくれるって信じてる部分もあるからそこを裏切りつつ、ちゃんと平和なE組が戻ってくるのを期待しちゃう。最近、ちょいちょい笑えるから、そろそろ電車で読むのは厳しくなってきた。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/01/10 20:19

世界一の殺し屋「死神」との死闘を描く。あれほど暗殺技術を高めていたE組が、なす術なくやられてしまう。烏丸先生は、「死神」に勝てるのか。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/07/06 01:01

対死神。

要するに、大人の仕事を体験しましょう、の時間。
プロってのが何なのか。身につけた技術をどう使うのか。世界一の暗殺者といわれる死神との邂逅を通して、実感しよう、という授業です。夏休みの殺し屋さん達と違って、ヤル気まんまんで襲い掛かってくる死神の授業で、何を学ぶのか。
もちろん、教師である烏丸とビッチ先生の本気も授業の骨子です。

大人たちの本気を見せつけられて、自分たちE組にはできっこない、とへこたれないのが、成長しているところ。
その成果は13巻ですか。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/01/18 19:39

今度はイリーナと烏間と死神の話とか。
引き延ばしてる感じがしなくもない。
とりあえず、ピンチにしつつ、烏間とイリーナの強さを知ってもらおうとかそんな感じですかね。
そして、当然後には生徒がいてとかなんとか?
まあ、全然違う事を祈りつつ、その後の処理とエンディングまでこんな感じじゃないと良いなあとか。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない
この商品の関連情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.