サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. イニシエーション・ラブ
イニシエーション・ラブ(文春文庫)

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 2,424件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-773201-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

著者 乾 くるみ (著)

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説—と思いきや、最後から二行目...

もっと見る

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

626(税込)

イニシエーション・ラブ

620(税込)

イニシエーション・ラブ

ポイント :5pt / 紙の本より6おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説—と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2,424件

みんなの評価3.6

評価内訳

電子書籍

オススメされて。

2013/07/03 11:35

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

サークルのコンパでかなりこれを推してくる先輩がいて、後日思い出して購入しました。ラブストーリーとしてはちょっと。。。だけど、真ん中あたりからかなりヤバイ感じがしてきて、最後にストーンと来ました!誰も死なないのに、こんなにミステリーで、いいの?
これは私も推すな。。。。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

叙述トリックタイプ

2015/02/07 12:43

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読むうちに違和感を覚える箇所が多くあったため、おおよその見当はつく内容だった。勿論その違和感がミスリードされるように仕組まれているので、気づかなかった部分も多くあった。最後の2行で意味が変わる、という売り文句に異論はない。
だが、この作品で肝心なのはそのメインのトリックより、彼女自身の行動にあるのではないかと思う。
読み終わって、再度整理しながら読み返すうちに、
彼女はどういう精神状態なのか、なんか怖い、でもこういうことできる女性もいるのかも、などと思いめぐらせた。
わかりやすく解説しているブログなどもあるので、読み終えたら一度、彼女の行動を振り返ってほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリじゃないのにミステリ

2015/05/08 20:17

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロユキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

正直この小説ほど完璧に美しいミステリ小説は他に無いと思います。
何が完璧かといえば、最初から最後まで“ミステリじゃない”のに読み終えた瞬間からミステリになるという過程が完璧なのです。
多分、似たようなアイデアが思い浮かんだ小説家は少なからずいただろうと思いますが、ここまで完璧な形で作品を世に出されてしまうと類似した作品は、最低でもあと10年は出せないでしょう。それくらい凄い作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

衝撃のラスト

2015/01/31 21:59

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み進めていくと何の変哲もない恋愛小説です。しかし最後の二行で今までの文章の意味が大きく変わってきて正直やられてしまいました。一回読み終わったあとにもう一度読むことで作者が巧妙に張り巡らせた伏線に気がつくことができます。またイニシエーション・ラブとは何なのかもわかりとても面白いです。ぜひ一度読むべきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

びっくり

2014/03/27 08:56

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あかね - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと前に友達にすすめられて読みました
すごいびっくりして、頭から離れなくなりました
何も知らないで読むのがおすすめ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

懐かしさと新しさ

2015/06/01 09:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こぶたろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初版の頃に紙の書籍で、今回電子書籍での購読。

作りが本当に上手くて心地よく騙されてしまい、読後の方が虜になってしまう不思議な作品だ。

ここに出てくる風景は地元民としても懐かしく、また80年代を過ごした者としても「あぁ、そんな風だったな」といちいち体感として思い出されることばかり。

他の人のレビューを見ずに、まず読んだ方がいい!そんな作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

騙されたー!

2015/05/26 16:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるまま - この投稿者のレビュー一覧を見る

「必ず二度読みたくなる」という謳い文句を聞いていたので、初めから疑って読んでおり、あれ?つじつま合わないなーって思っていても、読み進めるうちにハマり続けて結局騙されました!笑
張り巡らされた伏線に、多かれ少なかれ気付くとは思うのですが、それでも振り返ると「あっ!」となるのではないでしょうか。
ラストで鳥肌ハンパなかったです(>_<)
私も例外なく、二度読みました!ぜひ読んで体感してほしいです!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

見てから読んだ

2016/02/27 13:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画の宣伝どおりで、2回見てしまいました。そのあとで原作を読んだので、映画のいろいろなシーンが浮かんできて、DVDまで買ってしまいました。原作のラストのさりげない2行。すごいですね。そして、これを映画として成功させたのもすごいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まんまと

2016/01/21 20:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:laputa - この投稿者のレビュー一覧を見る

うわさ通り、まんまと騙されました。宣伝通りに、もう一度最初から読み返して確認してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

騙されました

2016/01/16 14:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ティポット - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画も公開され興行収入もとてもよかったとか、「必ず二度読みたくなる」という謳い文句に惹かれ購入しました。映画は観ていないのでこれどうやって映画化?とにかく見事騙されました。その日のうちに読み直しました。“騙されたと思って”一読の価値ありです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の2行で騙される

2016/01/14 10:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らむね - この投稿者のレビュー一覧を見る

前々から読みたいと思っていたので、ついに購入してみました!
読み終わった感想はといえば…完全に騙されましたね。
はじめは穏やかに、よくある恋愛小説のような素敵なストーリーが次第に暗雲たちこめてゆき、最後にどんでん返しが…!
巻末の解説をなんども読み返し、本編も読み返し、やっと理解して映画にも臨みましたが、本も英語もすごいですね、
おもしろかったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女はすごい

2015/11/13 12:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あみつこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

乾くるみ氏は一体女に何の恨みがあるのかと思うほど、彼の描く女性は恐ろしい…
気に入ったら「セカンド・ラブ」もおすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

懐かしい

2015/10/16 00:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

若い頃を思い出して楽しく読めました。
ところどころにギミックがあり、何度か読み返しました。
映画化した時のタイトル通り…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イニシエーションって

2015/08/28 15:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たかママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

乾くるみさんの作品はそう多く読んでいませんが、この作品でその才能にビックリしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イニシエーション・ラブ

2015/08/24 10:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

初版本が出たのは10年前だが、今月映画化されたことで、再びネット上で注目されている恋愛小説。当ブログでも取り上げたので、詳細はこちらを参照して欲しい。ネット上での評価は「オンナは怖い」ということ。ヒロインの悪女っぷりを非難する意見が圧倒的多数だが、なぜ彼女がこういう女になったのかを指摘する読者はほとんどいないため、当ブログではあえてヒロイン擁護の記事を載せてみた。付き合っている男があんなDV気質だったら、そりゃオンナだって他の男に走るわ。それなのに、その原因を作った男には「自分が悪い」という感覚がないのだから、本当に腹が立つ。でもこういう男って、悠々と人生を送るんだよな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する