サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. だいすき、でも、ひみつ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

だいすき、でも、ひみつ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 取扱開始日:2014/04/18
  • 出版社: 文研出版
  • サイズ:27cm/32p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-580-82182-8
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

だいすき、でも、ひみつ (えほんのもり)

著者 二宮 由紀子 (文),村上 康成 (絵)

みぎあしのおやゆびが、みぎあしのこゆびをすきになりました。あいだにはひとさしゆびとなかゆびとくすりゆびがいるのですが…。二宮由紀子のナンセンスなお話を村上康成がハイセンス...

もっと見る

だいすき、でも、ひみつ (えほんのもり)

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

みぎあしのおやゆびが、みぎあしのこゆびをすきになりました。あいだにはひとさしゆびとなかゆびとくすりゆびがいるのですが…。二宮由紀子のナンセンスなお話を村上康成がハイセンスな絵本に!【「BOOK」データベースの商品解説】

右足の親指が右足の小指を好きになった。あいだにいる人差し指、中指、薬指に告白を伝えてもらって、付き合うことになったのだが、せっかく付き合っているのに、おたがいの顔も見えなくて…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

二宮 由紀子

略歴
〈二宮由紀子〉1955年大阪府生まれ。作家。「ものすごくおおきなプリンのうえで」で日本絵本賞大賞受賞。
〈村上康成〉1955年岐阜県生まれ。画家。「ようこそ森へ」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シュールかつ斬新

2016/11/02 17:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

てっきり「足はこんなにえらいんですよ。だから足を大事にしましょう」的なお話だと思ったら、
足の指たちの恋の駆け引きという、何歳ぐらいの子に読ませてやるか悩ましい内容です。
恋の相手として"トマトのへた"や"だんごむし"も可能性ありというのがすごいです。
大人がちょっと面白い絵本が読みたいな、という時に読むのがいいのかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

全てが足の裏。

2016/09/16 20:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

右足の親指が右足の小指を好きになりました。そう、足の指の話。
告白する、付き合う、でもなかなか会えない・・・みたいな、ちょっとアダルトな話。
ほとんどのページ、足の裏の絵です。衝撃的(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

疑問を感じたら負け

2016/09/17 20:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

設定からして「足の親指が小指に恋をした」という荒唐無稽なもの。だから、「え?おかしくない?」などと思ったら、もうついていけない。
だが、その設定をそのまま呑み込んでしまえば、くすぐりが随所に感じられる。小指と直接に顔を合わせられない親指が、伝言ゲーム式に告白をしたり、告白を受けた小指のほうには小指のほうで独特の事情があったり…。意表をついているところと、指たち自身は大まじめなところが、独特のユーモアにつながっていると思う。
ほとんどのページが足の絵で、指たちの顔や向きの変化によって状況を表しているのもおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/19 20:09

投稿元:ブクログ

[江戸川図書館]

右足の小指に恋した親指くんのお話。
ちょっと最後の「グループ交際」なるくだりが嫌だったけど、その点を除けばおもしろいかも?

2014/07/20 17:54

投稿元:ブクログ

2014.7.20

【経緯】
図書館
足の指が主人公の世界観が楽しそうで

【書き出し】
みぎあしのおやゆびが、みぎあしのこゆびをすきになりました。

【感想】
小指は小さいから親指が見えないっていう切なさ。笑
ふたりきりになれないからグループ交際をするっていうのもかわいい。

【不可解】
指は奇数だからだれかひとりあぶれるやん!
一組は二股?むむむ

2014/07/27 18:00

投稿元:ブクログ

足の指達の グループ交際!!…でも、指っていったら 親指から 「お父さん」っていう 「家族」が定番なのに…おもしろい発想力!!

絵本 ランキング

絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む