サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 世界から猫が消えたなら
世界から猫が消えたなら(小学館文庫)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 462件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/18
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-406086-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

著者 川村 元気 (著)

郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分...

もっと見る

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

670(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計…僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化!【「BOOK」データベースの商品解説】

郵便配達員として働く30歳の僕は余命わずかと宣告される。すると、悪魔が「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは1日だけ命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。僕と猫と陽気な悪魔の7日間の物語。〔マガジンハウス 2012年刊の加筆〕【「TRC MARC」の商品解説】

ついに映画化決定!

郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけてくる。
「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」
僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計……そして、猫。
僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。
二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化、映画化!

【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店松山店

世界から猫が消えたなら

ジュンク堂書店松山店さん

30歳、郵便配達員の僕は、ある日突然余命わずかと宣告される。
そこへ現れた悪魔。

「世界から何かを消す代わりに あなたは一日だけ命を得る」

と、取引きを持ちかけられ世界からモノが消えていく。

世界から猫が消えるなんて現実ではありえないけれど、考えてみてください。
もしあなたがこの小説の僕だったら。
命と引き換えに何を消しますか?消した後の世界ってどうなるの?
読み進めながら僕と一緒に感じてみてください。
現実の世界がより愛しくなっているのではないでしょうか。

みんなのレビュー462件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

やばい

2016/04/16 07:47

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

何でこのようなことをさらっと書けるのでしょうか。
主人公のお母さんの考え、行動、言動に心をうたれました。
アロハも可愛いらしくそういう性格だからこそ主人公の気持ちを変える事
が出来たのだと思います。
とても素敵な話です。   映画も見ようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣きました。読んで広げましょう。

2016/03/05 22:44

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ba2kuma - この投稿者のレビュー一覧を見る

突然起きる死との葛藤!そこに母との思い。SFが入ってますがとにかく素敵な一冊です。もうすぐ映画にもなります。あとがきにもあるように知り合いにも是非オススメしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分の人生を振り返ってしまう

2016/02/11 11:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーしゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

もし、突然に余命宣告をされたら。残された日をどう生きるだろうか。
郵便配達員の男性が余命宣告を受ける。目の前に悪魔が現れ、この世界から何かを消す代わりに1日だけ命が得られるとの提案を持ちかけられたら。何を消していくのだろう。人は何かをなくして気づくことが多いのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「感涙」

2016/05/21 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:腐女子であり、リア充(笑) - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画版も、これも、「世界からボクが消えたなら」も、全部泣ける。
涙で前がぼやける&眼鏡濡れたけど(笑)

「何かを得る為には、何かを失わなくてはならない」
その言葉の真意を知った時、きっと貴方は涙する。
そして叫びたくなる筈。
「生きてやる」と・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかったです

2015/12/22 07:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ショートケーキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに買った小説です。猫が好きで買いました。

自分の命と引換に世界から物が消えていく、現実ではありえないことですが最後まで読みやすく命の大切さを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界から大切な人が消えたなら

2015/08/23 01:45

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つるりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

何かを得るためには、何かを失わなければならない。でも、大切な人を失うのと引き換えに、何を得ようというのか。そう考えると、多くの人の命の犠牲の上に成り立つ戦争で、大切な人を失ってまでも、得られるものなんてない。「世界から大切な人が消えたなら」と想像してみれば、戦争なんてあり得ない。大切なものは身近にある。その身近な大切なものに想いを馳せることの大切さに気づかせられる物語でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えさせられる

2015/08/16 23:12

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすく、買ってすぐに読みきりました。両親との関係を自分自身と重ねながら読む事ができたため、深く考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

号泣してしまいました。

2016/05/22 23:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

号泣してしまいました。
前から気にはなっていた本、映画公開前に
購入して速効読みました。
もう〜両親、友達、亡くなった愛猫のことなど
今まで自分で生きてきた人生を考えさせられた
一冊になりました。
まだ読んでない人は是非読んで見て下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界から猫は消さないで

2016/03/12 11:33

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nemuritto - この投稿者のレビュー一覧を見る

猫が好きなので、ずっと前から気にはなっていたのですが、何かが私を拒否しているのか、私が拒否してるのか(笑)なかなか読めませんでした。
えいやっと読んでみたら、実際にはスルスル読めて面白かったのですが、一方では物足りなさも感じました。

死を目前とした主人公が悪魔とのやりとりで、命を1日ずつ延ばすために、自分の大切なものを世界から消していくーという設定なんですが、消すものが、本人にとって個人的に大切なものというより、普遍的に人間にとって大切なものなので、そんなの消されたら困るし、世界は大混乱じゃ…!?
そういう気持ちで読んでいましたが、さらーっと書かれるので拍子抜けというか、肩透かしというか。
登場人物たちに名前がないのと、それぞれの人物たちの掘り下げが深くない。
なんだか映画のプロットを読んでる感じ。
作者は映画プロデューサーだということで納得。

もっと深い、感動的な話だったら、作品の情景が色鮮やかに印象に残ると思うのですが、この作品は白黒でシンプルな線で描かれた漫画を連想します。

たまにはこういう軽いタッチの作品もいいかなとは思いますが、私はやはりもっと厚みのある物語が読みたい。
猫はかわいかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ボクと猫

2016/06/16 02:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルト - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて表紙を見たときは、猫は消さないで。
猫が消えた世界なんて嫌だと思った。

読んでみて、自分なら何を残すのだろう。どれも必要だから存在していて、デジタルに慣れすぎていて。実際に時間や電話を消したらどうなるのだろう。

死を目前にして一体何をするかなと考えたとき、いつもどおりの日常を望んでいた自分がいた。

すべてを手に入れることは難しい
だからこそ今持っているものを大事にしよう。読んでそう思った。

「僕」はどうなったのだろうか。 

久しぶりに友達に会いに行こう

親を大事にしよう

今ある幸せを噛みしめよう  人生は長いようで短いのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すぐ読める

2016/06/11 06:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あや - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化した作品。本自体は2010年ごろの出版でした。映画前に読もうと思って読破、文字数は少ないので一時間くらいで読めます。
恋愛小説でばなく家族愛の小説だと思われ各世代で読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰かにプレゼントしたくなる本

2015/03/24 22:16

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大切なものは何か、考えました。
読み終わったあと、大切な人にプレゼントしたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

薄くて軽い本でした

2014/10/16 01:35

9人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiti - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな作品を出版した編集者の気がしれません。
もし新人賞に送られて来た作品だったら最終選考にもいけないでしょう。
設定を作者自身が把握出来ていないような感じです。
思いつきを垂れ流しているだけ。
読んだ感想としては、作者に知名度があって映像化前提だと中身がどうであろうと本屋大賞って取れるんだな、ってとこです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誠実であることの疑わしさ

2015/09/26 11:38

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

テーマや設定もよく見られるのですが、それだけ普遍的なものを扱おうとしているわけですから、さほど問題にするべきではないでしょう。部分的に丁寧に書いている点については好感が持てます。
 しかし、…テーマの扱い方が納得いきません。仮にも人の生き死にです。もっと、ちゃんと考えてほしい。例えば、人が悲しいことを伝えるのであれば、人それぞれいろんな悲しみがあるはずです。「天気が悪くて悲しい」「ひそかに狙っていたブラウスを、いざ買いにいってみると売り切れてしまっていて悲しい」では違うはずです。「気になっていた同僚の男の子に、実はカノジョがいることが分かって悲しい」というのも、どれくらい思い続けていたのか、その男の子とカノジョはどのくらい付き合っているのか、1か月前なのか高校生時分からなのか、ちょっと考えてみただけでも、それぞれ受け止める感情や状況はかなり異なるはずです。それを一切排除してしまって、一言「悲しい」という言葉で、片付けてしまう。この作品は、そんな乱暴な扱い方をしているようにしか思えないのです。
 途中、主人公が、正しいことばかり言う父が嫌いだ、という感情に気づく場面があります。これは重要な感情です。しかし、なぜその感情に気づくことができた主人公が、後半あんな考え方しかできないのでしょうか。主人が自分の命や人生に向き合うことを、設定にして始まった物語のはずです。少なくとも自分の人生、自分の命は、もっと切実に真剣に貪欲になりふり構わず、こだわるはずなのではないでしょうか。
 加えて、死はまわりの人間のもので本人のものではない、と書いてありますが、それでもそれに沿った書き方ができているとは、少なくとも私にはとても思えません。
 生き方よりも生きることが大前提であることを踏み外すと、命を乱暴に扱うことにつながる気がしてなりません。その誠実さ大いに疑わしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大事なところが抜け落ちた残念な作品

2016/06/08 10:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いでゅ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画の宣伝が素晴らしくて、手に取ってしまった。映画とは違う展開なのだろう。元カノがあまり出てこなくて驚いた。それはいい。
著者が映画監督とのこと。知ってなるほどな、と思った。確かに1つ1つのシーンは綺麗だ。映像にしたらきっと映えることだろう。だが、それだけ。
章ごとの繋がりが見えなかった。1つ物を消して、それに気づいているのは自分だけで、それに伴い大事なものを失って(宣伝ではこうありましたが、どこにこの描写ありましたっけ?)、その予想もしなかった痛みに苦しんで、葛藤して、でも自分だけのためにまた物を消して、そしてまた苦しんで、後悔して、それでも生きて、やり残したこと(=元カノ)に対して向き合う。そんな物語だろうと思っていた。

全然違った。

1つ物を消した結果、次の日(次の章)で何が変わった? 主人公の生活はほとんど変わっていない。表面的に不便になって、それだけ。あまりにも想像力がなさすぎる。小説ならもっともっと書き込んでほしかった。その物にまつわる大事な思い出が消える(思い出せなくなる)とか、共有できなくなるとか、その描写すらないのはものすごく残念だ。
1つ章が終わるごとに、「え、もう終わり?」と思わされた。大事なことが、一番読みたいところが書いていないのに、終わってしまう。置いてきぼりにされた。だから微塵も感情移入できなかった。ものすごく客観的に読んでしまった。切なくも苦しくもない。
この本を買ってしまった自分が恥ずかしい。使ってしまった時間が惜しい。せめて映画は面白いことを祈っておく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サイト内検索

キーワードを入力