サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ましろのおと 12 (講談社コミックス)
ましろのおと 12 (講談社コミックス)(月刊少年マガジンKC)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/17
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 月刊少年マガジンKC
  • サイズ:18cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-371443-2
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ましろのおと 12 (講談社コミックス monthly shonen magazine comics)

著者 羅川 真里茂 (著)

【講談社漫画賞(第36回)】【文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(第16回)】【「TRC MARC」の商品解説】「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂が贈る、今一...

もっと見る

ましろのおと 12 (講談社コミックス monthly shonen magazine comics)

463(税込)

ましろのおと(12)

432(税込)

ましろのおと(12)

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ましろのおと 12 (講談社コミックス)」が含まれるセット商品

ましろのおと(講談社コミックス) 15巻セット

ましろのおと(講談社コミックス) 15巻セット

商品説明

【講談社漫画賞(第36回)】【文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(第16回)】【「TRC MARC」の商品解説】

「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!
少女漫画界を牽引し続ける作家、羅川真里茂が次に飛び込んだフィールドは少年漫画。テーマは『津軽三味線』。「ずっと描きたかったテーマ」と羅川真里茂が語る、壮大な“自らの音を探す旅”がここに幕を開ける。貴方の音もきっと見つかる。

雪が東京で初めて出会い、心惹かれた女性――立樹ユナ。運命の二人、再会!?  民謡全国大会・東ノ宮杯を制した雪は、次なる舞台「弘前の津軽三味線全国大会」を目指す。しかし、唄付けで他人に合わせる演奏をしてきた影響で、「自分の音」を見失ってしまっていた。答えを模索する雪が赴いた地・福岡。そこにはかつて心を通わせ合った女性・立樹ユナがいた…。【商品解説】

著者紹介

羅川 真里茂

略歴
羅川真里茂 青森県出身 代表作に『赤ちゃんと僕』、『しゃにむにGO』など。現在は月刊少年マガジンで『ましろのおと』を連載中。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もう2人は・・・

2014/11/04 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クマグス - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう2人は結婚したらええんちゃうか?

雪があんな笑顔を見せるとは思わなんだわ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ユナさん!

2015/08/18 07:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rumo - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ最近山場が薄いかなぁと思ってたのですが、ユナさん再び!美女が投入されるだけでここまで盛り上がるなんて!三味線以外の部分もかなり見所の12巻です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/28 21:46

投稿元:ブクログ

唄付けを続けたことで自分の音を見失ってしまいスランプに陥る雪。気分転換にと仕事で向かった福岡で雪はユナと再会する。ユナと話したことで雪は東京に出てきた時のことを思い出す。ユナとの再会が雪に自分の音を思い出させるきっかけになった。そして大河は自分の音を取り戻すため大会に臨む。しかしその大会には田沼も出場するようで…。
ユナがえらい色っぽくてインタビューのとこで笑ったww雪と話してる時はすごく可愛い。色んな表情、色んな人を描けて羅川さん凄い。

2014/10/20 12:12

投稿元:ブクログ

ユナさん!!
ちゃんと自分で立ち上がったユナさんが眩しい。確かにキラキラしてる!!
ユナさん可愛いな~ サクラちゃんもかわいいけどユナさんも良い…。
綺麗で可愛いお姉さんとか最高ですな。

2014/10/17 19:56

投稿元:ブクログ

面白かったー。もう初めの頃覚えてないけど再会シーンはゾクゾクきた。
で、大河さんの大会で次巻に続くと。楽しみだ。

2014/10/22 17:38

投稿元:ブクログ

スランプに陥った雪が麻仁に付き添う形で訪れた福岡で、ついにユナと再会!

今巻はまさにこれがメインでしょうけど、ユナ以外にも懐かし顔が続々と..
屋台を手伝う彼も最初誰だかわかりませんでしたが、雪の「トゥイントゥインの人」で思い出しましたw

久々のタケトもほんのちょっとだけ登場。
たぶん今後も彼はこういう使われ方なんだろうなぁ...

ユナ再会編の後は、民謡居酒屋の大河が14年ぶりにある挑戦を。
どうやら彼の過去にはあのスーパースターの影がチラチラと..

次巻も楽しみです。

ともあれ今巻はユナの「太棹 大好き...」に全部持ってかれました。

2014/10/22 20:24

投稿元:ブクログ

東ノ宮杯民謡全国大会が終わり、いよいよ雪は日本一をかけた大舞台「弘前の津軽三味線全国大会」を目指す。
しかし、唄付けで他人に合わせる演奏をしてきた影響で、「自分の音」を見失ってしまい…。

ユナさん来た~~~~~!
待ってた! 待ってたよ!! 11巻分!!!
作者さんも言ってる通り、輝いてるわ~~~(笑)
あの雪が! 唯一あんなに動揺させられる女性ですからね!!
ユナさんと再会したとこがほんとに楽しかったです!
読んでてずっとニヤニヤしてしまったわ!

ユナさんのおかげで悩みも解決!
連絡先もGETしたので、ぜひともユナさんにはまた再登場しまくってもらいたいですね!
でも雪の前に大河さんが次は頑張るようなので、しっかり応援したいと思います!

2014/10/19 20:41

投稿元:ブクログ

ユナさんと再会の巻。
ユナさんに向ける雪の笑顔の嬉しそうなこと。
これは恋ですね。

「自分の音」って難しい。
私自身はそんなことを考えるレベルにはいないけど、でもこの人の音が好きというのはある。
あれはなんだろう?
同じ楽器を演奏すればいいわけではなく、技術だけでもないように思う。
何がこんなに心をつかむのだろう?
音って、音楽って、本当に不思議だ。

雪オリジナルの「即興曲」を聴いてみたい。
「自分の音」を感じながら演奏する雪の曲。
長い時間をかけて作る「自分の音」。
それが雪の生なんだな。
私の生はなんだろう。
私は何を作ろうとしているんだろう。まだ続いているこの時間の中で。

2014/12/03 16:13

投稿元:ブクログ

いい恋愛だと思う。自分をさらけ出させる。リセットできる相手の存在。雪が戻った。大河鉄雄の方が自分に近くて気になる。

2015/05/18 15:33

投稿元:ブクログ

もうその存在を忘れてましたが、そういえばいましたね、この女の子。懐かしい人との交流を経て、また一段上のステップへ、という流れ。今回一番印象に残ったのは、川辺でその彼女一人に向けて弾いたシーン。音は聞こえないけど、魂踊る演奏が織りなされている様子が頭に浮かんで、読んでて興奮しました。音楽系の漫画って、実際に音が聴こえない分、演奏シーンの描き方が死活問題ですね。そういう点では、この漫画は相変わらず凄いな、って思いました。

2014/10/19 20:18

投稿元:ブクログ

ユナさん再登場!!
ただの導入だと思ってたのに伏線だったのかー!っていう。
色んな女の子が出てきて、誰がこの漫画のヒロインなんだろうって思ってたけど、やっぱユナさん最強!?

2014/11/07 13:12

投稿元:ブクログ

天然無垢な雪の音に他者の色が入り混じる。濁って自分の音を見失う雪。独りよがりでは駄目。聴者に迎合するだけでも駄目。自分の音って何? 才能とは何なのか?
答えはユナと出会った頃の無我夢中な衝動の中。天才に憧れ、凡人である劣等感に潰されそうになった自分と闘う大河の演奏の中にある。
次巻の田沼vs大河の演奏が楽しみです。
メインヒロインは無駄にエロいユナさんなのかな⁈ こっそり桜ちゃんを応援してるんだけど…。

2014/10/17 14:27

投稿元:ブクログ

懐かしい顔ぶれの巻。ただ、浪人せずに屋台を手伝う彼が誰か思い浮かばす。でも、あのトゥイントゥインで思い出したよ(笑)雪はユナと再会。これで彼の音も変わっていくのね。次は大河の自分自身との闘いか。田沼くんがなんだか悪巧みしてる顔に見えて仕方ない。次は春!

2014/11/23 18:32

投稿元:ブクログ

雪が東京で初めて出会い、心惹かれた女性――立樹ユナ。
運命の二人、再会!? 民謡全国大会・東ノ宮杯を制した雪は、次なる舞台「弘前の津軽三味線全国大会」を目指す。
しかし、唄付けで他人に合わせる演奏をしてきた影響で、「自分の音」を見失ってしまっていた。
答えを模索する雪が赴いた地・福岡。
そこにはかつて心を通わせ合った女性・立樹ユナがいた…。

2014/10/17 16:43

投稿元:ブクログ

表紙のインパクトが、、(笑)
なんの本だよ、って(笑)

みんな進み始めたなー!
ユナさん出てきたー!嬉しい!
雪くん一歩踏み出せたっぽくて嬉しい!
大河!がんばれ!!

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む