サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ヴィンランド・サガ 15 (アフタヌーンKC)
ヴィンランド・サガ 15 (アフタヌーンKC)(アフタヌーンKC)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/23
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: アフタヌーンKC
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-387999-5
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ヴィンランド・サガ 15 (アフタヌーンKC)

著者 幸村 誠 (著)

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞(第13回)】【講談社漫画賞(第36回)】【「TRC MARC」の商品解説】奴隷の身分から解放されたトルフィンはヴィンランドへの遠征を...

もっと見る

ヴィンランド・サガ 15 (アフタヌーンKC)

637(税込)

ヴィンランド・サガ(15)

540(税込)

ヴィンランド・サガ(15)

ポイント :5pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ヴィンランド・サガ 15 (アフタヌーンKC)」が含まれるセット商品

ヴィンランド・サガ(アフタヌーンKC) 17巻セット(アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(アフタヌーンKC) 17巻セット

商品説明

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞(第13回)】【講談社漫画賞(第36回)】【「TRC MARC」の商品解説】

奴隷の身分から解放されたトルフィンはヴィンランドへの遠征を前に、故郷のアイスランドに寄港する。そこで遠征の為に資金提供を求め、父・トールズと因縁の深い鉄鎖のハーフダンに資金提供の交渉をすることに!ハーフダンの息子・シグルドとの婚礼が決まったレイフの親戚・グズリーズが、トルフィンたちの船に乗せろと言い出して、シグルドとトルフィンの激烈バトルが始まる!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.3

評価内訳

2015/03/29 22:39

投稿元:ブクログ

アイスランドに戻ってきたトルフィン。ハーフダンの息子シグルド、そしてレイフの義妹グズリーズが登場し、話は少しずつ広がっていく。
トルフィンは、ヴィンランドを目指すために地方豪族のハーフダンを頼る。
しかしハーフダンは何も持たないトルフィンに金は貸さず、一角鯨の角を渡す。
レイフはギリシアのミクラガルドならばこれを黄金と交換することができると話し、一行はギリシアを目指すことになる。
ヴィンランドを目指して西へと向かうと思われたが、逆に東を目指すことになる物語。

2014/12/06 17:21

投稿元:ブクログ

前巻までとは、ずいぶん雰囲気が変わった。
次の冒険までのひと時の安らぎかな。
元ネタ(史実)からどのように料理するか
まだまだ楽しみ

2014/10/26 18:12

投稿元:ブクログ

グズリーズがかわいい。
こりゃ旅の仲間確定だよね。

しかし、自分を制そうとしてもできない気持ちわかる。
自分の心は時として自分とは別物のような気がするときさえあるもん。

2014/11/24 16:17

投稿元:ブクログ

芸風(?)が違う表紙だったんで一瞬ヴィンランド・サガだと思わなかったよ。まったく,グズリーズは可愛いし。
シグやんあれ!わーやっちゃったシグやん,ドンマイだシグやん,ガッツだシグやん,あぶねェシグやん,やめれシグやん,おちつけシグやん,シグやん,シグやん。
この靴舐められそうになった時のハーフダンの顔ときたら。

2014/12/07 17:33

投稿元:ブクログ

さあここからヴィンランドサーガがはじまるんだ……! と思って読んだらまさかのここから逆走とかw
引き延ばしというわけではないんだろうけど、何巻まで続けるつもりなんですかねえ。

2015/02/16 22:43

投稿元:ブクログ

購入済み 読了
内容紹介

奴隷の身分から解放されたトルフィンはヴィンランドへの遠征を前に、故郷のアイスランドに寄港する。そこで遠征の為に資金提供を求め、父・トールズと因縁の深い鉄鎖のハーフダンに資金提供の交渉をすることに!ハーフダンの息子・シグルドとの婚礼が決まったレイフの親戚・グズリーズが、トルフィンたちの船に乗せろと言い出して、シグルドとトルフィンの激烈バトルが始まる!

それにしても。。。
男にあこがれる女の子、あの時代にも板のねぇ。
それはつらいよね。
いっかくの角、どうなるかなぁ。

2014/10/24 23:22

投稿元:ブクログ

なぜか全巻で完結してたと思っていた、ヴィンランドサガ。
西の果てのヴィンランドを目指して、まずは東の果てのギリシアだ!!!
何という冒険。

お話自体は、仕込みなんで、はて、どうなるのかしらね。

2014/12/04 22:55

投稿元:ブクログ

トルフィンが大人になってしまって…
昔のギラギラした荒くれ者にはもう会えないのね…

クヌート編とかやらないかな

2014/10/29 19:23

投稿元:ブクログ

また新しい話になって行くのね。久々のハーフダン。どんなやつだったか一巻読み直さなきゃ。しかし、今のところトルフィン無双に見えるけど、どう変わって行くんだろうか。

2014/11/20 12:04

投稿元:ブクログ

女だてらに船乗りになりたがるじゃじゃ馬娘が登場。未亡人で処女。キャラ立ちすぎだろ。そういえばトルフィンの奥さんは再婚だったような?

2014/12/07 09:51

投稿元:ブクログ

過去の自分を置き去りにして今日のみを生きるというのは非常に気が楽なものだ。過去に縛られるなんてくそくらえ。ただ動機というものは過去にあって、人間は動機を抱いたその時点から生まれ変わり、同じシステムの枠の中で思考を制御して生きて行くように思う。トルフィンに例えるならトールズ死亡→親の仇モード、アシェラッド死亡→無気力奴隷モード、アルネイズ死亡→ヴィンランドモード と、その時その時のきっかけをもとにその後の何年もの生き方を決めていくスタイルであって、それぞれまるで別人のようだ。それぞれ別人であって、日々新しく生まれ変わっていく姿が人間として自然なことなのではないかと思う。だから今から見て過去と過去という点と点を結びつけて線にすることはできても、過去と今を結びつけて線にしてはいけない。もっと刹那的に瞬間的にその時その時でいいと思う。

2014/11/08 22:13

投稿元:ブクログ

やっと新刊でたー!!
他の漫画とは一線を画す重厚さ。すごいボリュームです。

トルフィンは、だんだんお父さんに似てきたな。
彼の少年時代を知っているだけに、感慨深い思いです。
そしてヒロインのグズリーズ!可愛いです(笑)
女だけど外の世界を見たいと夢見る姿、応援したくなります。

さて、次はギリシア編になるのかな??
西方ヴィンランドをめざし、まずは東方ギリシアへ。
早くも次巻が待ち遠しい。

2014/11/09 00:24

投稿元:ブクログ

場面ががらりと変わって、懐かしの面々が再登場した
でも話的には盛り上がりが逆に無くなったというか、なんかここからヴィンランドへ行く話で盛り上がりそうな期待が持てない

2015/11/18 10:27

投稿元:ブクログ

 ヴィンランド開拓に向けての新たな物語が幕を開いている。キーとなるのはグズリーズの婚姻と、贈られたイッカクの角。物語は、ギリシャへと向かう道へと進みかけている。
 物語がどういう順路を進むのかはまだ見えていないが、これは生半なものでは済みそうにない。ヴィンランドへたどり着くだけでもまだまだかかりそうだ。
 物語は展開する目前であり、そうした始まりということも加味して星四つ相当と評価した。

2014/12/02 03:35

投稿元:ブクログ

戦士→農奴→商人へ。新章です。
開拓資金を稼ぐためにギリシャへ旅立ちます。
すぐにヴィンランドに行って、先住民vs開拓民の争いやら交流やらを読むより、中世ヨーロッパの国々の見聞録、冒険譚の方が面白そうな気がします。
ヴァイキング編が終わった後、かなりテンションが下がってましたが、少しわくわくしてきました。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む