詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

家族という病 1(幻冬舎新書)

家族という病 1(幻冬舎新書) 家族という病 1(幻冬舎新書)
  • 発売日:2015/03/28
  • 出版社:幻冬舎
  • レーベル:幻冬舎新書
  • サイズ:18cm/177p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-98376-2

新書 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

家族という病 1 (幻冬舎新書)

下重 暁子 (著)

紙書籍

842 ポイント:7pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

800(7pt) 家族という病

紙書籍より:42円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

日本人の多くが「一家団欒」という言葉にあこがれ、そうあらねばならないという呪縛にとらわれている。なぜ「家族」は美化されるのか。家族の実態をえぐりつつ、「家族とは何か」を提...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

日本人の多くが「一家団欒」という言葉にあこがれ、そうあらねばならないという呪縛にとらわれている。なぜ「家族」は美化されるのか。家族の実態をえぐりつつ、「家族とは何か」を提起する。【「TRC MARC」の商品解説】

日本人の多くが「一家団欒【ルビ だんらん】」という言葉にあこがれ、そうあらねばならないという呪縛にとらわれている。しかし、そもそも「家族」とは、それほどすばらしいものなのか。実際には、家族がらみの事件やトラブルを挙げればキリがない。それなのになぜ、日本で「家族」は美化されるのか。一方で、「家族」という幻想に取り憑かれ、口を開けば家族の話しかしない人もいる。そんな人たちを著者は「家族のことしか話題がない人はつまらない」「家族写真入りの年賀状は幸せの押し売り」と一刀両断。家族の実態をえぐりつつ、「家族とは何か」を提起する一冊。【本の内容】

著者紹介

下重 暁子

略歴
〈下重暁子〉早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。NHKに入局。女性トップアナウンサーとして活躍後、フリーとなる。民放キャスターを経て、文筆活動に入る。日本ペンクラブ副会長。

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

本当の家族とは・・・

ジュンク堂書店新潟店さん

著者の家族観、体験談をきれいごとなしにありのまま伝えています。誰でも円満な家庭環境にいるわけではなく、お互いを理解しあうことはきわめて難しい。こういった問題に本書は真正面から向き合います。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 2.6
2.6
評価内訳 全て(110件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(14件)
★★★☆☆(32件)
★★☆☆☆(23件)
★☆☆☆☆(25件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

家族という病

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/31 01:04

評価4 投稿者:スプリング - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともと家族関係はぎくしゃくしていていました。テレビでこの本を知り、早速購入して読みました。心の重みが軽減されました。父が昨年亡くなり、遺品整理をして作品と共感するところがありました。今は前を見て生きていこうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

現代にはあまり則していない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/26 19:32

評価3 投稿者:オラフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者の父は立派な軍人であり、母は黙って父を支える奥床しい家庭である。戦争体験をした筆者の特殊性は、今の家庭にはないし、存在感のある偉大な父親像もない。その点から言えば、現代の家族を表現しきれていないので物足りない。
筆者にはもっと世の中の矛盾を突いてほしかった。
良い点としては、家族は身近であるために理解し合えていると思っているが、実は何も知らないということだ。毎日顔を合わせているのに、心のうちは明かしていない。多くの読者はハッとして、家族のことを考えさせられるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

骨肉

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/14 05:15

評価3 投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

血は水よりも濃いという。映画やドラマのテーマにもなる。他方、骨肉の争いも絶えない。実施歳、家族とは厄介な存在だ。親と上司は選べない。そんな言葉も思い出した。上司は、転職する手が残されているが、家族となると、勘当でもされに限り…櫃猟区は兎も角、話題性はある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

誰か、救ってあげて!

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/30 14:44

評価1 投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

人は自分を理解できない。自分以外の人を理解する事もできない、たとえそれが家族であっても。あるいは、家族であればこそ、理解できそうでできない。そのことは理解できる。だから、この本を読んで、自分は家族にどう思われているのだろうか?自分はどんな夫なのか?どんな親なのか?どんな息子なのか?と不安にもなった。

しかし、それでも著者のようにクールに考える事がよいとは思えない。著者が不幸だとは言わないが、著者のような家族観を持って生きる事が幸せだと思わない。幸せな家族があってはいけないような言を執拗に述べる著者に憐れみを感じた。誰かカウンセリングしてあげて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何でこれがベストセラー?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/25 21:05

評価1 投稿者:あかみにとまと - この投稿者のレビュー一覧を見る

ただ自分の家族のことを書いているだけじゃないか?
一般論としてどうなのかと思うけど・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 家族を否定する著者が一番家族に縛られている悲しい本

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/27 19:03

評価0 投稿者:りれ - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名と内容があっていません。題名を付けるとするならば、家族に縛られる辛さ・・・。文章から読み取れる、子供がいない寂しさ&不貞腐れ、実家が名門そして、最終章の父親に宛てたとかいう10枚以上にも及ぶ渾身の手紙。気持ち悪くて読んでませんが、父親があまり彼女に構わなかったとか家庭を省みなかったとかそういう内容でしょうか。自分自身が家族に拘り、恨み、縛られ、恋慕する。家族とは切っても切れないもので、血の繋がりは法律でも様々な面で補償されています。日本の法律では、血の繋がりを甘く見てはいけない、家族は助け合って下さい、法律も警察権力も家族間の揉め事には、傷害、殺人以外は、民事不介入。自分たちで解決しなさい。あのドライで損得勘定のきつい頭脳明晰なホリエモンでさえ、TVで母親の手紙を公開され、涙を流し続けていましたね。自分の両親と他人のごとく付き合うなんぞ、凡人には、できません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2015/07/26 19:09

この本に興味を持つこと自体、病んでる人だと思われる。筆者もかなり病んでいるように見えるし、そういう人の意見だからまた偏りが激しい。
しかし家族をカテゴリー分けする時点で既に偏りは始まっているのであり、病んでいるように見えるが実はまともなのかもしれない。家族を良く知ってるつもりかそうでないか、また良く知りたいのかそうでないのか。そんなことを頭で考えているだけでも、白い目で見られるのは覚悟した方が良い。

評価2 投稿元:ブクログ

2015/07/26 13:03

今話題の新書。
タイトルも良い。
帯がまた良い。『家族ほどしんどいものはない』

で、新書といえば教養書、というイメージが強かったので、なんや社会学的に家族という病を分析解説してくれるのか、と思って期待して読み始めたところ、全くのエッセイであった。

家族の話が嫌いと言い、個でありたいと言いながら、家族の話をありありと自慢げに(その気はないのだろうけど)するあたり、いったい何が言いたいのだろうか?
なんだかんだで家族の幻想、理想に絡められている自分を感じているのではないか?ぶれている感じがする。。。と思ってしまう。


生き方としては、この時代にしてはかなり個であり、意志があり、自分があるのだけれど、書いていることにブレがあるように感じてしまった。
残念。
2015.07.26

評価3 投稿元:ブクログ

2015/08/27 11:11

著者が往年のNHKでよく見た美貌のキャリアウーマンで、本屋でランキング上位、タイトルにも惹かれ読んでみた。

(どなたかの書評より・・・)
家族の話が嫌いと言い、個でありたいと言いながら、家族の話をありありと自慢げに(その気はないのだろうけど)するあたり、いったい何が言いたいのだろうか?

など、いろいろ辛口の評もあるようだが、家族に関して自分の考えは近いところにあるし、かといって随所に見られた自慢気の語り口には閉口しつつ、美人には弱いので、評価はまぁ普通点。

評価0 投稿元:ブクログ

2015/05/14 13:16

世の中には、なにかというと子どもの話、孫の話はするが自分の話ができない人がけっこういる。子どもや孫の話をしていれば無難だということもあるが、自分のことは語るほど話題がないのだろうか。自分のことを聞かせても面白くないと思うのだろうか。中には、相手に孫がいないのになにかというと孫、孫という人がいる。ぼくも孫ができればかわいがるだろうが、子育ては自分の子どもでたっぷりさせてもらったから十分。それも3歳までに十分親孝行をさせてもらったと思っているほどだ。もちろん、ぼくもけっこう家族の話をする。妻のことも話題に出す。講演をしていてもたいてい1,2回は妻のことを話題に出す。だから、妻はぼくの講演にはこない。本でもふれているので、他人からご主人があなたのこと書いていましたよと言われ、ぼくを問い詰めることもある。しかし、中心は自分のことだ。それも年をとると自分のことばかり話して相手のことを聞かないのは嫌われる。最近は勤めて相手の話を聞くようにしている。こんなふうに人は家族のことを話題によく出すが、いざ家族についてどれだけ知っているかと問われて答えられる人がどのくらいいるのか。下重さんも答えられなかったという。ぼくは冒頭のその部分を読んで涙が出そうになった。自分も親の歴史を聞き出そうとしたことがあったが、本人が語りたがらない部分もあって、結局全部は聞けなかった。妻とはよく話すから比較的知っている方だと思うが、すべてを知っているわけではないし、知る必要もない。こんなふうに家族とはいつもいっしょにいるのに、実はよく知らないどうしであることが多い。下重さんにはつれあいと呼ぶパートナーがいるが、2人の関係は距離をおいたものだ。夫婦の間でも6分の関係と言われるが、その方がながくうまくいく。結局最後は1人だということで、これを基本にしながら6分の関係でつながっていけばいい。下重さんにとってもうひとついやなことは、年賀状で家族写真を送ってくる人だそうだ。ほほえましいとは思うけど、どこまでやるのかなあと思う。一番やっかいなのは子どもの写真だけを送ってくる人。子どもの成長の過程はわかるけれど、年老いていく自分の写真ものせてほしい。ぼくも昔は家族全員の名前を年賀状に書いたが、子どもが大きくなるにつれそこは削り、妻の名も、親戚等を除けば並記しないことにした。教え子で、自分と子どもの名前だけ書いてくる人がいる。離婚したのかなあと思ったりするが聞かない。家族というのはすばらしいと思うこともあるが、やっかいなことも多い。家族のメンバーによってもとらえ方は違うだろう。本書は途中ちょっとだれるとところもあるが、家族について改めて考えさせてくれる良著である。

評価1 投稿元:ブクログ

2015/12/20 10:34

「家族の話は愚痴か自慢話である」と著者が言うように、愚痴が満載で読んでいて辟易した。確かに日本人の家族崇拝は気持ち悪いところがあるが、その主張を主観的経験にのみ基づいて述べていくので、面白くない。悪いところがあるのは認め、良いところへの希望を失わず、自分の生き方を実践すればよいではないか。人生も家族も、よいものですよ。

評価2 投稿元:ブクログ

2015/07/15 22:54

読了後、これだけ嫌な気分になったのは珍しい。
NHKのトップアナウンサーを経て作家の仕事も順調らしく仕事上では自立されている方なのでしょうが、家族が病ではなく著者自身が病んでいらっしゃるのでは?
なぜ、ここまで家族を突き放し、批判するようになったのだろうか。
少しでもわかろうとした事はあったのだろうか。
人の家族の話など聞きたくない、写真など見せられるのは迷惑との断言にも違和感を感じる。
著者の偏見を思いっきり押し売りされたようで残念。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/02/02 10:12

なんだこれ。家族にだけ見られる問題点を掘り下げるような内容を期待して読んだんだけど、単にババアのぼやきじゃないか。章立て無視で支離滅裂なひどい内容。血の繋がりよりも心が繋がるのが大事、ってそりゃそうだよ。で、なんで血が繋がってるのに(繋がってるからこそ)色々な確執や問題が起きるのかを掘り下げろよ。自分の家族の例の他には、知人は、欧米は、で全く調査とも研究とも言えない。電車や飛行機で子を優先させる親がどうのって、それは家族がどうじゃなくてその親の問題だろうよ?

評価1 投稿元:ブクログ

2015/06/19 22:53

あっという間に読み終えた。
読むのが遅い自分でも…本当にあっという間。
それくらい中身が薄い。

これから何か大切な話が始まるのか?
と、期待しつつ読み進め…何もなく終わってしまった。(笑)

他人の子どもの自慢話なんか聞きたくないし、家族写真入り年賀状は大迷惑?だとか。
ま、そこはわからなくもないが。

でも、この本はこの方の話ばかり。
親がつれあいが友人が、と。
それを活字にして公表している。
それは家族の話をする人と変わらないのではないかと。

子どもがいることを最後まで話さず亡くなった人を褒め称えるのはどうかと思う。
決めつけ感がすごい。

とにかく期待外れ。

評価2 投稿元:ブクログ

2015/05/10 11:45

日本人の多くが「一家団欒」という言葉にあこがれ、そうあらねばならないという呪縛にとらわれている。しかし、そもそも「家族」とは、それほどすばらしいものなのか。実際には、家族がらみの事件やトラブルを挙げればキリがない。それなのになぜ、日本で「家族」は美化されるのか。一方で、「家族」という幻想に取り憑かれ、口を開けば家族の話しかしない人もいる。そんな人達を著者は「家族のことしか話題がない人はつまらない」「家族写真入りの年賀状は幸せの押し売り」と一刀両断。家族の実態をえぐりつつ、「家族とは何か」を提起する一冊。 (「BOOK」データベースより)

ベストセラーなので期待してたのですがいまいち。ふーん・・という程度でした・・(^_^.)
家族間の病って、こんなもんじゃないぞ、という。
ちょっと自慢も混じったり、とりあえず、心に響かなかった。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.