サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. オカメ八目さんのレビュー一覧

オカメ八目さんのレビュー一覧

投稿者:オカメ八目

220 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

伊集院さんの「当てようとして外す」が、超コワイみたいな所が出てる

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

伊集院さんの「当てようとして外す」が、超コワイみたいな所と、養老先生の「外れっぱなし(失礼!!)」の様な所が、奇妙にかみあったり、また、いつもの様にズレたりの、やり取りの妙が楽しい本。 読書疲れの「箸休め」にいい。 勿論、面白い話テンコ盛り!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本時間は存在しない

2020/08/22 13:08

別に「灰色の男たち」に盗まれたわけではない。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ミヒャエル・エンデの「モモ」に出てくる「灰色の男たち」に盗まれて、「時間」が存在しないわけではない。ーーー読めば分かるが「時間」とは、「時間がない」状態のところから、ある相互作用と言う「出来事」により「生まれて」くるものらしい。ーーーこの本を、少し飛躍して解釈すれば、少し昔のツッパリたちが、何かと言うと「そんなの関係ねェ!」と吐き捨てたように言ってたのは『時間がねェ(そんなの分かる暇がない)!』と言ってたことになるな、と感じた。ーーーだから「灰色の男たち」も、この本を読んでいたなら、「モモ」の物語のスジも変わって、ヒトの「時間」を盗まずに、発電機ならぬ『発時機』なんぞを造って結構儲けていたかも?ーーーまた、日本語の「時間を作る」と言うのは、案外と「時間」の本質に迫った言い方なのかもしれない。ーーーちょっとばかし「頭がウニ」に成りそうにもなる、超最先端のサイエンスを、よくぞ、ここまで数式を使わずに、人の感覚に訴えかける文章で著してくれた著者さんと、それを「頭がウニ」にもならず(もしかして、成りかかったかも?)翻訳して下さった訳者さん、ありがとう!!ーーーその位、読むのに結構「ホネ」だが、「コロナ禍」を、ほんの一瞬でも逃れたかったら「頭がウニ」にらぬ程度に、少しづつ拾い読みや、流し読みをするがいいかも。 まるで、その昔の、ヨーロッパの「ベスト禍」を逃れてイギリスの田舎で、木から落ちてきたリンゴを見て「万有引力の法則」を発見したアイザック・ニュートンのように、一瞬成れるかも?ーーー勿論、この一冊で「時間の謎」が全て解けるわけじゃない、「時間の謎のロマンの旅」はさらに続いて行く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長い間、「なぜ、自分に好都合な事に、強く期待しては、いけないか」が分からなかったが、本書に、その具体的な答えが有った!!

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

長い間、「なぜ、自分に好都合な事に、強く期待しては、いけないか?」の具体的な答えが、本書に有った!!ーーーーその意味でも、凄い本。 初版、半年で二刷が出るのも、うなづける。ーーー「優しさ」や、「情緒」や、「愛」や、「感情」や、「道徳」などに根ざして生きてきた人たちには、この、少々理詰めの、しかも、人間の心の皮を、ひっぺがしたような、発達障害の解釈は、もしかすると、冷水を浴びられたかのようにも映るかもしれない。 が、当事者として、別の当事者さん達を、たとえ少しでも、変えて「育てよう」とした時の、ある種の厳しさが、そこには、どうしても出てくるのだ。ーーーなぜ厳しくなるのか?ーーーじっくりと考えながら、読むがいい。ーーーそこには、真実があるゆえに「目が痛い(本を、目で読むので、耳は痛くない)」と言うことになる。ーーーーそして読むにつれ、目からは何枚ものウロコが、ボタボタと音を立てて落ちる。 また、文章が、キュッと締まってて、とても読みやすい。 大人になってしまった当事者が、読んでみると「ああ!そうだったのか!」言う部分が、あちら、こちらに出てくることだろう。ーーー何も、現役の当事者だけの本ではない。 それでも、役に立つ一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本方丈記

2018/10/28 08:25

「読まず嫌い」でした。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

知ったかぶりで「ほうじょうき?ーーーなんか、古い話みたい・・・・」と思ってた。ーーーーところが、ちよっと読んでビックリ!ーーー「日の下に、新しきものなし」で、800年前の京都という「大都市」も、今の東京と言う大都市と同じで「新陳代謝」が激しかったと見えて、鴨長明の方丈記によれば、建物がしょっちゅう変わってて、ちょっと見ない内に変わってて、しかも、ちょっと前までは大きかった建物も、小さくなってたりするといった観察眼はすごいと感じた。ーーー今の東京でも、「同じ現象」が観られるからだ。 また、鴨長明が生きてた、鎌倉時代というのを、学校で習うと「なんか、随分昔!」って、感じがしてたが、こうして、実際に生きてた人の記録(随筆)を目の当たりにすると、まるでタイムマシーンにでも乗ったかのようにスーーーッと、その「時代」へと行ける、、一種のタイムトラベラーとなれる、面白さがある。 さらに本書は、「諸行無常」を表していると、一般的に言われてるが、それだけではないことが書かれているから、ずっと読み継がれてきたとも感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

流石と言っては失礼だが、「その道」の元プロであった著者氏ならではの分析と評価

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

流石と言っては失礼だが、「その道」の元プロであった著者氏(念のため言うが、スパイではない。日本の外務省の、情報分析の仕事をしていた人)ならではのリヒャルト・ゾルゲとそのチームに対しての、分析と評価だ。 只、物凄く情報量が多いので、ゆっくりと読めそうな、かなり暇な時に読む本としてはいいかも。 そうでないと「脳がウニになり」、マンガのように、頭の毛が逆立ってしまうかも。ーーーそれでも勿論、読む価値は高い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルは硬いが、要は『遊びを、せんとや産まれけん』です!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人は自分の頭(知恵やアイディア)と体を使いたくないと思うと、カネを使うことになる。 反対に自分の頭と体とを使うと、より愉快なことにもなる。 そんなことを具体的に創って行こうと言う本。
 一体全体、本当のホントの愉しさってなんなんだぁ???ーーーーーーーーーもしかして、それって猛烈地味なんじゃぁないのか?ーーーーもの作りが好きな人で、時々「作って居るあいだが愉しい」と言う人が居るが、この著者氏がやっている「非電化工房」のHPへ行ってみると、そこは、そんなもの作りの哲学を実践してるワンダーランドです。 無ければ、
自分の頭と手をフルに使って生み出そう!と言う心意気に、もう、溢れかえってます!
 私は、ここのHPで、手回し発電ライト付きラジオを買って今使ってますが、手回し発電さえ怠らなければ、電池も 100V電源も要らずに、いつも聞いてます。
 また、アングロサクソン系の文化が盛り上がってる頃に出来た、今の「資本主義」は、常に『どう頭を使ったら楽になるか?』を中心に徹底的にやって来た物だった。ーーー所が、そうやって見たら、期待外れの「当てようとして外す」になり、グローバルウォーム(地球「過熱」化)が起きて来て、結果、ちっとも楽にはならなく成りつつある。ーーーそこで、新たなる「発想」や「思想」が今や必要とされ始めている。ーーーそんな問題提起から、この著者氏は「非電化」と言う方向へと具体的な「手作り」への行動をしている。 その行動の中より生まれた、いくつものアイディアが、ぎっしり本書には詰まっています。 
 そっち(非資本主義)の方向へと「遊び」に行きたい人には「お宝」!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「納豆は、日本人しか食べてない!」と信じてる人が読めば、「井の中の蛙」が「大海」を知るだろう

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「納豆」を通しての壮大な時空の「旅」だ。 「時」は縄文時代の一万三千年前で、「空」は東南アジアから西アフリカまでだ。ーーーまだ、仮説の域を出ていないが、日本の「農耕」は弥生時代の稲作からではなくて、縄文時代のツルマメ栽培から始まっていたーーーみたいな話も出てくる。 そして、そのツルマメを「大豆」へと品種改良して行ったーーーみたいなことになっていくから、一般的に「大豆は大陸から伝わった」と言う話とは違うーーーなんか「右翼」がズイキの歓喜の涙を流して喜びそうな話にもなりそうだ。 それでも、ヒトが「より美味しいものや、より身体に良いもの」を求めて苦労と努力を重ねる情熱は、どんな「時空」でも共通だとわかる本。ーーーそして、そして「発酵モノ」のトンデモない奥の深さも感じ等れる本でもある。
 また、この著者氏の「納豆」の定義は、あくまでも「納豆菌」で発酵したものであって「カビ菌」で発酵しているテンペは含まれないことは、本書にも書かれている。ーーーかなり「ネタバレ」っぽく書いたが、それこそ「糸引き納豆」の糸の様な不思議な縁で繋がっていた話は、読めば読むほど、面白いし、静かにエキサイティング!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

重たい話を「タメぐち風」にして・・・・・

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読み始めて、なんか文のケツが、一々「タメぐち」っぽいのが、ハナについて仕方がなかったが、少々そのハナを摘んで読み進んだら、決して「軽い話」ではない話を、『どうにかして伝えたい!』と言う書き手の、ココロの表れかもなぁ〜と気付いたら、ハナの洗濯バサミは取ってしい、読めるようになった。 それは、その昔、重たい石の下にコロを入れて引っ張って運んだのとよく似てる。ーーーまた、それは、一度でも清掃工場の建物の中に入った時にも似てて、入りたては臭いのだが、暫く居るともう「臭わなく」なるのと一緒。 そうして「読める」様になったら、 そこには、人生色々、ゴミも色々で、多種多彩な「人間模様」が、キレイなものから、それは、それはモロ、(当たり前だが)汚ないモノまで百花繚乱、酒池肉林、言語道断のごとく、目の前に広がっていた!!ーーー平気でゴミと、それを回収する人たちを、やれ「臭い!」とか、やれ「邪魔だ!!」とか思ってたりする人たちの、すぐ隣にある「もう一つ別の世界へのガイドブック」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

NHK-BSプレミアムの「英雄たちの選択」の司会者として、著者を知っていたので本書を選んだ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あの「英雄たちの選択」での、著者氏の生き生きとした歴史解説に、引き込まれて、いつも番組を楽しませてもらっているが、本書は、それとは一味も、ふた味も違った味の「歴史」のようだ。 この著者は、本書を読むと、遺跡発掘の人たちが、せっせと土砂を掘り、また、かき分けて遺物発見を喜ぶように、古文書の中を「発掘」する「古文書発掘、探検家のインディージョーンズ」のような人だと感じた。 特に本書の4章は「災害大国」に暮らしてるンだなとつくづく感じ入るものだし、また「石川五右衛門」の章は、何やら凄みすらあるから、単なる「歴史の愉しみ」程度からは外れると感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漱石の「この世が、棲み難いと思ったら、そこから詩が産まれ、文学ができる」の一節を思い出した。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

嫌になる自分自身も、自分から見たら「内なる他人」なのだ。 だから、それを例え一時的にしろ、無視したり、忘れたり、イヤがって切り捨てようとしたりも出来ちゃう、ある意味での恐ろしさがある。 じゃぁ「無視」や、「忘れる」で、すべてが終わるのか?ーーー現実は、そうじゃない。 まだ先がある。ーーー「腹も身の内」と言うが、嫌になった自分自身も「身の内」なのだ。 だから「無視」や「忘れる」なんてすれば、いずれ、その報いが回って来る。ーーーーーーーだからじゃぁないが、あえて言う「嫌になった自分自身を、味わう時間を、意識してつくろう」と。ーーーーこの著者氏は、ここまで描くのに、かなりの苦労と努力を積み重ねたものと、私は想像するので、こうした読後感を、さらに強くした次第だ。 しかし、この重たい題材を、いとも軽く描いて下さったのも、この著者氏のウデだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「事故のあの時」を、また彷彿とさせるデータの数々

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ひとつ、ひとつの、細かなデータを眺めてると、「原発事故」の、あの日あの時に、静かに引き戻される。 その「空気」だけでなく、細かな出来事を、ひとつ、ひとつ観て行くと、現場じゃ、こんな風にやっていたのか、と強く感じるものがある。 ある意味、物凄い労作だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本笑うお葬式

2017/11/21 18:41

ちょっと失礼かもしれないが、タイトルが何かグロく見えた。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ちょっと失礼かもしれないが、タイトルがグロく見えた。 しかし読んで見れば、それは全く違ってて、「事実は小説より奇なり」であり、そんな読む前の「思い込み」も吹き飛んでしまうほどの、この著者の「絶叫マシーン並みの人生を歩んだ父」の実話なのだ。 ある種のスケールの大きな、そして、また、ある種の「人徳」を醸し出して、破天荒に生きた、著者の実の父、そして母の実話と、著者の「身の上話」を合体させたような「ファミリーヒストリー」と言ってもいいかも。 しかし、あちこちで照れると、話にオチを付けて来るクセがある。 だが、読む者を引きつける、スピード感あふれる文体で、読み出せば一気に読める。 そして、生きる力をもらえる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ああ「家族」って、そう言うもんかもなぁと、後でじぃ〜んと来る本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

単に「家族は有り難いもの」と、少々「道徳の教科書」的に、いっくら聞かされても、「かえるの面に小便」で、ちっとも伝わらない。ーーーーーーーが、しかし、このような本で、別な言葉で、より具体的に言われたら、それは、乾いた布が、水を吸い込むかのように、じわぁんと滲みる。 本書は「戦争孤児」の人達が、長い間かかって、その、筆舌に尽くし難いサバイバルの体験を「言葉」と「絵」にして現したものだ。ーーーーだから元「孤児」の人達の「命の一部分」と言っても過言ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なにせ「戦争」で出来た国だから。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なにせ「戦争」で出来た国だから、「怒りは年をとらない」じゃぁないが
一度、勢いが付いちゃうと、そうそう簡単には、止まぬだろう。 そう言う意味では「自由」の国と言うよりは、「自由過ぎる」国?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「5アンペア」とは、最低の契約電気量

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このエレキ(電気)万能のような時代に、なんと異端な事か!と思いつつ読んでみた。 ただ、契約電気量を減らす「アンペアダウン」を、私もやろうとしてた時だったので買った。 ウチは、とてもそこまではアンベアダウンは出来ないので、いくらか減らす程度だったが、それでも本書にも出てた「減らして大丈夫?」みたいなセリフを、少し聞いた。 たとえエアコンと言えども、暖房にはかなり、電気を喰うからだ。 と言うことは、これからは「電気」でなく「熱」にもっと気を使えと言う事のようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

220 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。