サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

春宵十話 改版(角川ソフィア文庫)

春宵十話 改版 みんなのレビュー

文庫 1963年毎日出版文化賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

おすすめです

2016/03/21 08:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞にこの『春宵十話』が復刊ブームであるという記事を読んで、手に取りました。まだ途中までしか読んでいませんが、面白いです。文章もとても読みやすいです。
これは、半世紀前に書かれたものですが、今に通じることがたくさん書かれていて、特に冒頭、教育に対して「芽なら何でも育てばよい思っているのではなかろうか」という岡先生の言葉に、いろいろ考えさせられました。
日本中の人に、一読してほしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

源氏物語のような風情を

2015/12/26 10:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

数学者の文章であり、澱みが無い。理性か論理どころか情緒を語るのである。
日本の失われていくものを惜しむだけでなく、失われるのは日本人の心にある情緒の調和だと説く。
 このかたの日本の花鳥風月を愛でる心映えの美しさは流れる文章によって存分に効いてくる。あたかも源氏物語の風情をつくりだしている。
 心を整え、まっすぐにして、日本人らしくと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

凡人には若干難解

2016/10/13 09:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トニー - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議な人だ。天才数学者で、かつ経歴も凡庸ではない。自己の信念に生きる人である。
そんな人の書いた文章が凡人の自分においそれと理解できるはずはない、ということが、読み始めてすぐにわかった。
全編、形容しがたい「何か」につつまれている。こういうのを「オーラ」とでも言うのだろうか。
ところどころ、「えっ?こんなこと言っちゃっていいの?」という表現もあるが、共感できる部分もある。
息子に読ませようかと思って買ったのだが、それは取りやめにした。柔らかい頭でこれを読んで全て真に受けたらまずい気がする。
息子が自分の力量を悟って、凡人と天才の違いがわかる歳になったらそっと本棚に入れておこう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/29 20:13

投稿元:ブクログ

購入。

「情緒」が失われているという。情緒とはどのようなものか、きちんと説明されないが本文のいたるところに出てくるので何となくイメージがつかめる。
目先の刺激が強いものを受け取り過ぎて、細かなニュアンスが分からなくなっていると言われると我が身を省みてしまう。そして一度失われた情緒は回復しないというのも分かる気がする。周りからも失われていたら自分だけでは回復させられないし、緩やかにしか育てられないものだと思うから。
解説にあるように自然から色々と受け取れるよう経路を確保しておきたい。

2016/11/26 22:07

投稿元:ブクログ

表題作の春宵十話には、数学者・岡潔の人生が語られている。そこには一般的なイメージでしか数学を知らない私には驚くようなことがたくさん書いてあった。

なによりもまず、人の中心には情緒がある、数学を成立させているのもこの情緒である、というのが岡さんの主張である。「芸術の目標は美の中における調和、数学の目標は真の中における調和」といった表現もあった。私個人の言い方になってしまうが、数学というのが人間の生の営みからすればごく限定された自意識の中でやるものと思っていたけれど、この本を読むと、それは人間の知られざる領域までを駆使した肉体的・総合的な営みであり、どこか自然の中に投げ出されているようですらあった。そこには風が吹き、すべてのものとつながるような清々しさがあった。

後半のエッセイには、最近の世の中や人の心はどんどん悪くなっていて、それが心配である、ということがたくさん書かれている。その心情を汲むことには努めたいが、あれもこれも悪くなっている、という見方をすることには賛成できなかった。孔子さまの時代から続くこの観察には、必ずしも客観的とは言えない観察者の視点の問題も含まれていると思うからだ。

2016/08/19 17:12

投稿元:ブクログ

 昔から数学が苦手だったので、数学者の随筆をいつか読んでみたいと思っていたところ、見つけたのがこの本でした。

 おそらく自分の理解のおよばぬ考えを持っているのだろうと思いながらいざ本を開いてみると、”数学とは「自らの情緒を外に表現することによって作り出す学問芸術の一つ」である”という驚くべき宣言が目に入る。数学は表現手段であり、芸術なのだ。これを覚えろ、答えを出せと言われ続けてきたわたしの数学は、まさに「わかったかわからないかもはっきりわからないのに、たずねられたらうなずく」教育だった。

 数学というと無味乾燥した小難しい計算だと思ってしまうけれど、この筆者の考えていることはとてもシンプルなことだとわたしは思う。つまり、当たり前の物事を当たり前だと見通す純粋な目を養うということ。これに尽きる。純粋な目を養うということは、見えるものをそのまま受け入れる心をもつということだから、これは情緒の問題にほかならない。

 こう考えたうえで昭和44年に著されたこの本を読んでみると、筆者の危機感はまったく色褪せないどころか、ますます重みを増しているように思える。わたし自身が今もっとも共感を覚えるのは、この一文である。「ただ、選ばれるべき優れた人というのは、少なくとも日本のくにでは、情緒のきれいな人という意味である。邪智の世界の鬼才と混同してはいけない」。物事を否定し相手を黙らせる人が優れているのではない。本当の物事を本当だと見通し、相手の悲しみがわかるということ、そういう純粋な目を持った人間を選ぶということ。それには、選ぶほうもそういう心を養わないといけない。動物性が入り込み、人の情緒が崩れれば、社会も文化もあっという間に悪くなってゆく。

2014/12/16 12:50

投稿元:ブクログ

2014/12/16図書館から借りてきた。
人の中心は情緒である。と岡潔は言うが、どういう意味であるのか。
私は数学なんかをして人類にどういう利益があるのだと問う人に対しては、スミレはただスミレのように咲けばよいのであって、そのことが春の野にどのような影響があろうとなかろうと、スミレのあずかり知らないことだと答えて来た。
新明解国語辞典によると、
情緒とは、その・もの(場)に接した時に受ける、特有の情趣。
情趣とは、そのものに接した人に感じさせる、ほのぼのとした・よさ(味わい)。
情操とは、美しいもの、純粋なもの、崇高なものを見たり聞いたりしてすなおに感動する、豊かな心(の働き)。
これらを踏まえて、岡潔の情操、情緒という言葉を眺めて見たい。
購入。
何回も読まないと分からないだろうなぁ。何回も読みたい内容だなぁ。

2014/11/25 18:31

投稿元:ブクログ

2014/11/24読了。
偉大な数学者らしいがほとんど存在を知らなかった。この本で語られている内容は「情緒」をキーワードとした著者の考えである。今時「今の教育はダメだ」系の文章がストレートに読めるのは新鮮だった。少し「何様だ」と思うような文章が無いでもなかったが。

8 件中 1 件~ 8 件を表示