1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. honto+
  4. いっしょに書店、歩きませんか?
  5. vol.19 ダンスパフォーマー NOPPO(s**t kingz)

書店 通販 電子書籍のハイブリッド総合書店 honto official magazine『hotno+plus』 ホントプラスweb版

いっしょに書店、歩きませんか?

vol.19ダンスパフォーマー NOPPO(s**t kingz)

ダンスパフォーマンスチームとして大人気、s**t kingz(シットキングス)が絵本を刊行することに!メンバーを代表して、NOPPOさんが書店へ遊びに来てくださいました。ジュンク堂池袋本店を、ともに巡っていただきます。

プロフィール
NOPPO(のっぽ)

1986年生まれ。世界20カ国以上でパフォーマンスをおこなうダンス界のパイオニア的パフォーマンスチームs**t kingzの一員。アメリカ最大級のダンスコンテストBODY ROCKにて2010年、2011年と2年連続優勝を果たし、2017年には結成10周年を迎えた。自身は、ダンサー菅原小春とオーディオブランドBOSEのウェブCMにて共演。末吉秀太(AAA)ソロイベント「S」にてステージ演出・振付を担当するなど、最先端を行くダンサーやクリエイターとの共演も多数。静と動を兼ね備えた緩急のあるダンススタイルに、業界内のファンも多い。新感覚の踊る絵本『あの扉、気になるけど』では、類まれなる才能を発揮し、ユーモラスでチャーミングな作画を披露する。

僕らも、絵本のように究極にシンプルなパフォーマンスをしたい。

 s**t kingz(シットキングス)のメンバー4人はこのたび、絵本『あの扉、気になるけど』をつくりました。

 そのなかでNOPPOさんは、絵を担当することに。

「グループの活動をするなかで、ビジュアル方面のあれこれを考えるのは僕の担当なので、『絵は任せたよ』と。まあ描くことは昔から好きだったので、なんとかがんばってみることにしました」

 参考にした絵本などはあった?

「4匹の大冒険のお話のベースになっているのは『ブレーメンの音楽隊』。なのでそれを参考に……と思ったんですが、絵を見てしまうと引っ張られてしまって描けなくなる気がしたので、描き終えるまではほとんど目を通さないようにしました。改めて見ると『ブレーメンの音楽隊』って、こんなにたくさんの種類が出ているんですね。どれも絵のテイストや場面の切り取り方がおもしろい。勉強になります」

 せっかく絵本コーナーに来たので、ほかにも気になる絵本を挙げてもらうと……。

「小さい子向けの本っておもしろいですね。究極にシンプルで、伝えたいことを絞り込んである。僕らのパフォーマンスもこうあるべきなんじゃないかと参考になります。『だるまさんと』は昔からある定番絵本ですよね。ずっと読み継がれているんだと考えると、偉大ですよね」

 売場を移動して、ふだんよく読む本を教えてもらいます。

「脳科学者の茂木健一郎さんの本が好きでよく読んでいます。ページを開きながらあれこれ考えていると、なんだかすごくワクワクするんですよね。自分の存在を俯瞰して見ることの重要性が説かれていたことがあって、そういうものの見方というのはダンスに変換したり応用できる部分がたくさんあります。

 今日はそうですね、未読のこの1冊『いつもパフォーマンスが高い人の脳を自在に操る習慣』を買って帰りたいと思います。なんといってもタイトルに惹かれてしまいました。僕らもステージに立ったら、どんなときでも安定したパフォーマンスを披露しなければならないので。ダンスを始めたころは自分がうまくなることだけ考えていたらよかったですが、いまは観てくださる人に何をどう伝えられるか、どれほど共感してもらえるか、といったことを中心に考えますからね」

 演劇の棚へ移り、こちらも強い影響を受けたという平田オリザさんの本を探します。

「以前読んだ本で、平田オリザさんが述べていました。一人ひとり育ってきた背景が違うから、同じ演技をしようとしたって、それぞれバラバラな身体表現になるものだと。たとえば、ここで手を挙げてという指示があって、それをやるだけでもみんな違う表現になっていく。たしかにその通りですよね。

 ダンスも同じです。悲しいダンスを踊りましょうと言われても、身体を使って表現しようとすれば、みんな違うものになっていくことでしょう。そういうところが身体表現をするおもしろさでもある。

 今回は『世界とわたりあうために』を持ち帰って読んでみたいです。世界各地へ出かけていったとき、演劇が言葉の壁を越えられるかどうかを探った本なんですね。僕らも国境や言葉の壁を越えて活動していきたいと思っているので、参考になることがたくさんありそう。帰ってページを開くのが楽しみです」

NOPPOさんがお買い求めになった本

NOPPOさんと巡った書店

ジュンク堂書店 池袋本店

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-15-5
営業時間
10:00~22:00

地下1階から9階まで、ビル1棟が書店になっています。
コミック、雑誌から、医学書・理工書・人文書・法律書など専門書まで、幅広く深い品揃えを目指しています。店内には、ゆっくり本をお選びいただけるように、机とイスをご用意しております。また、ご購入いただいた本をすぐお読みいただくことが出来る喫茶も設けています。各階には、書籍検索機をご用意しており、お客様の本探しをサポートいたします。各階でじっくり本をお選びいただいた後は、お会計はまとめて1階の集中レジをご利用ください。ジュンク堂書店のこだわりである「愚直なまでに"本"の品揃えにこだわる」「図書館に負けない快適さ」を実現するために、池袋本店一同日々努力しています。
皆様のご来店、心よりお待ち申しあげております。
店舗情報詳細

honto+(ホントプラス)トップページへ

honto+とは

毎月第1木曜日に発行しているhontoのオフィシャルマガジンです。

ハイブリッド型書店サービスhontoの便利な利用方法や、honto提携書店である丸善、ジュンク堂書店、文教堂の書店員がオススメする書籍の紹介、阿部和重、伊藤比呂美など人気作家のコラムなど、書き下ろし作品を多数収録しています。

紙版はhontoポイントサービス実施店舗で配布、電子版はhonto電子書籍ストアで配信しています。

中川翔子のポップカルチャーラボ

  • 中川翔子のポップカルチャーラボ

スマホ壁紙プレゼント

クリエイターズ・ファイル祭

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。