サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

レビューキャンペーン(0508-31)

目次

    序 章 なぜ民法を改正するのか

    第1章 意思表示の基礎理論――通説・判例法理を明文化してマイナーチェンジ

    第2章 消滅時効の現代化――分かりやすく整理した原則と、その例外の細かな定め

    第3章 債権の内容に対する規律――その強制力の在り方を整理

    第4章 責任財産の保全――債権者代位権と詐害行為取消権

    第5章 多数当事者の債権関係――関係者の複雑な利害関係を調整

    第6章 債権の移転と承継――現代的な取引円滑化に向けた制度整備

    第7章 債権の消滅――債権消滅の順序とその帰結

    第8章 契約の成立――基本原則や定型約款など新たな明文

    第9章 典型契約に対する規律――現行法の枠組みを維持して微調整