サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

「続刊予約キャンペーン」(~5/31)

目次

電子書籍

革命論(平凡社新書)

革命論

  • 著:市田良彦
    序章 今日的時点-倫理的な政治(無差別になる「住みか」
    悪を除去する「正義」の政治 ほか)
    第1章 対象としての例外、主体化する例外-アガンベン、アルチュセール、ネグリ(「革命」が「アウシュヴィッツ」にすり替わる
    哲学と政治の問われざる関係 ほか)
    第2章 消え去る政治、まれ(例外的)な政治-デリダ派、アルチュセール、バディウ(政治的なものの後退
    主権共同体を求める哲学 ほか)
    第3章 マルチチュードの生である政治-スピノザをめぐる抗争(ドゥルーズの革命嫌い-「陽気なペシミズム」
    スピノザの「物理学的」保守主義 ほか)
    終章 見出された自由-フーコーと(不)可能な革命(かつてなかった反牧人革命
    統治性と主体的自由-最後の難問と可能性 ほか)