サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

岡山女(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

岡山女

著者 岩井志麻子

左目が疼く――。また、どこかで死霊が騒いどるんか。妾として囲われていた男に日本刀で切り付けられ、左目と美しい容貌を失ったタミエ。代償に手に入れたのは、暗い眼窩に映る禍々しい死者の影だった。やがて「岡山市内に霊感女性現る」と新聞でも取り上げられ、タミエの元に怪しい依頼客たちが訪れるようになった。隻眼の女霊媒師を主人公に、彼岸と此岸の間を体感する怪奇小説の白眉。

岡山女

497 (税込)

岡山女

ポイント :4pt / 紙の本より17おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.3MB 無制限
Android EPUB 4.3MB 無制限
Win EPUB 4.3MB 無制限
Mac EPUB 4.3MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本岡山女

2003/10/09 19:35

このね、カバー画を描いているのが甲斐庄楠音、このひとの一生はね、もしかするとこの小説の主人公のそれより面白いかも

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

岩井志麻子には一種独特な雰囲気がある。ただ田口ランディのような、広範な支持を受けるといった時代の寵児的な華やかさはない。どちらかと言うとマニアックな世界で支持を得ているといったほうがいいかもしれない。最近は、あえて自分を露出させているけれど、正直、TVで見ていると、無理をしているなと思う。そうした岩井の、直木賞の候補作。気になっていたので読んでみたが。

題名にあるように、ずばり岡山のある女性を扱った連作で、時代は明治。しかしここに描かれる明治は、私たちがイメージする東京や大阪といった都会風景とは、どこか微妙に違う。そんな地方を舞台に、夫に殺されかけたことで、人の霊を見るようになった主人公の女性が出会う、様々な人間の心の狭間を描く。

どこか男を惹きつけてやまない主人公が乗った玉の輿。しかし夫は事業の失敗で錯乱した挙句、妻の左眼を傷付けそのまま自殺。残された妻は、やり手の、それでいて自分たちが手掛ける事業は失敗続きという、どこか憎めない両親の手で霊能者に仕立て上げられていく。

噂を聞いて集まる様々な人々。美人の写真集めに熱を上げる学生、鉄道開通で体を壊す男、娼妓。それらの人物たちに、ハレー彗星、清涼珈琲液、学生生活などを上手く絡めて時代の雰囲気を見事に描き出す。正直、私は今まで、そのようなことを小説で読んだことは殆どなかったから、それだけでいいなあと思う。とくに清涼珈琲液の話は面白い。まさに、神はディテールに宿る、である。

とはいえ、岩井が自分の故郷を取り上げるのは仕方が無いとしても、あの方言の奔流を前にすると、正直、また明治の岡山かと思ってしまう。私は方言否定論者ではなくて、むしろ残しておきたいほう、でもバランスというものがある。同じように過去の地方の世界を描いても、再会することが待ち遠しい京極夏彦の世界と何処かが違う。

そういえば、話題になったホラーの『ぼっけいきょうてい』も心底楽しむことはできなかった。今回の作品に関しては直木賞の最終選考には残ったとはいえ、読者は正直で、前作ほど読まれた形跡が無い。文章は上手いし、時代の採り入れ方も自然で玄人好みだけれど、それだけに終わる可能性がある。

その後の岩井の健筆は続々とだす新刊を見て分かってはいるものの、私は一冊も手にしていない。むしろ今回も採用された妖しげなカバー画、それを描いた異能の日本画家「甲斐庄楠音」、彼の一生を知人の画廊経営者から聞いて、むしろそのほうが面白いのではないか、そんなことを思った。

岩井を好きな人ならば魅入られること間違いなし。岩井には申し訳ないけれど、今のところ、私には甲斐庄のほうが気にかかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する