サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

時には懺悔を(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件

電子書籍

時には懺悔を

著者 打海文三

佐竹は、数年前に退社した大手の探偵社アーバン・リサーチの元上司・寺西に頼まれ、探偵スクールのレディース一期生・中野聡子の代理教官をすることになる。その日の実習は、やはりかつての同僚・米本の探偵事務所に盗聴器を仕掛けることだったが、事務所に忍び込むと、そこには米本の死体が転がっていた。佐竹は中野を助手に、米本が殺された謎を調査していくが、やがて過去に起きた障害児の誘拐事件の真相に迫っていくことになる……。濃密な親子の絆を描く、感動の傑作ミステリー!

時には懺悔を

626 (税込)

時には懺悔を

ポイント :5pt / 紙の本より11おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.4MB 無制限
Android EPUB 8.4MB 無制限
Win EPUB 8.4MB 無制限
Mac EPUB 8.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍時には懺悔を

2015/11/12 21:04

面白い作品が売れるとは限らない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

推理小説としてぐいぐい引き込まれていく面白さ、

読み進めるごとに私の頭の中で想像する

その結末に不安や畏れのようなものを感じて

読むのを止めようかとも思うのだけれど、

結末を見届けずに逃げることは許されないような気もしました。


私が手に入れたこの本は

平成13年に初版が発行されて

平成20年にやっと再販発行されたものでした。

素晴らしいものが必ずしも売れるわけではない

残念な実例でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本時には懺悔を

2001/11/06 22:16

探偵事務所を営む佐竹が活躍するハードボイルド

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:里見孫壱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昔、「本の雑誌」で、これからブレイクするであろう作家の特集が組まれていた。そこに花村萬月や、香納諒一といった面々に交じって、今回ご紹介する『時には懺悔を』の著者、打海文三の名もあった。花村が芥川賞を、香納が日本推理作家協会賞を受賞する躍進を見せたのに対し、打海はコンスタントに著書を出し続けているのにも関わらず、いまだ一部の人しかその名を知るのことのない作家にとどまっている。しかし、『時には懺悔を』を読まれたなら、打海の名は決して忘れることのできない、気になる作家として記憶されることになるはずである。

 打海文三は1948年生まれ。1993年『灰姫 鏡の国のスパイ』が横溝正史賞優秀作となりデヴュー。本作品は2作目で、翌年出版された。主人公の佐竹や、アーバン・リサーチの寺西、美しい銀髪と二十年前と変わらぬ体型を維持する鈴木ウネ子はそのあとの『されど修羅ゆく君は』『兇眼』などにも登場する。

 個人の探偵事務所を営む佐竹は腐っていた。数年前勤めていたアーバン・リサーチから、探偵スクールを卒業し今は調査の下働きをしている中野聡子の“教育”を押し付けられたのだ。盗聴の実習をするために、知り合いの探偵・米本を訪ねると、米本本人が死体になっていた。誰が殺したのか。佐竹と聡子は調査を始めるが、事件は意外な方向に転がっていく。

 文体はハードボイルドのスタイルのため、最初はとっつきにくく、また佐竹の性格もそっけないものに感じられるだろう。それが、ページをめくるにつれて、佐竹も実は温かい心を持っており、それを表すのが下手なだけだとわかる。佐竹だけでなく登場人物全員、いや、作品全体に著者の暖かい視線が注がれている。突き放したようなハードボイルドの文体だからこそ、その優しさとの落差が読者に大きな感動を与える。
 ほかにもの特筆すべき魅力がいくつかある。意外な展開を見せるプロットに加え、事件の中で浮かび上がるある問いは、登場人物のみならず読者にも深く投げかけられるものだ。佐竹や中野聡子を始めとするキャラクター造詣の妙も見逃せない。断言しよう。『時には懺悔を』は傑作である。何を読もうか迷っている人におすすめの小説である。 (bk1ブックナビゲーター:里見孫壱/ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する