サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

LINE Payキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 明治深刻悲惨小説集
明治深刻悲惨小説集(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

明治深刻悲惨小説集

著者 講談社文芸文庫,齋藤秀昭,泉鏡花,樋口一葉,田山花袋,徳田秋声,川上眉山,広津柳浪,小栗風葉,前田曙山,北田薄氷,江見水蔭

死、貧窮、病苦、差別――明治期、日清戦争後の社会不安を背景に、人生の暗黒面を見据え描き出した「悲惨小説」「深刻小説」と称された一連の作品群があった。虐げられた者、弱き者への共感と社会批判に満ちたそれらの小説は、当時二十代だった文学者たちの若き志の発露であった。「自然主義への過渡期文学」という既成概念では計れない、熱気あふれる作品群を集成。

30%OFF

【期間限定価格】明治深刻悲惨小説集

07/26まで通常1,566

1,096 (税込)

【期間限定価格】明治深刻悲惨小説集

ポイント :10pt / 紙の本より848おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.6MB 無制限
Android EPUB 12.6MB 無制限
Win EPUB 12.6MB 無制限
Mac EPUB 12.6MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本明治深刻悲惨小説集

2017/07/30 08:48

深刻小説ってナンダ?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

深刻小説とか悲惨小説と名付けられた小説が、明治時代のほんの一時期に流行したんですよ。
民権小説が議会開設で下火になり、政治小説の言う国権拡張は日清戦争で現実化して、しかしそういった騒ぎに隠れていた、封建時代をひきづったままの社会矛盾がインテリ層の目につき始めたんですね。するとそれまでの、インテリの学生やお金持ちのぼんぼんといった、当時の作家たちに近い境遇における恋愛話とか書いてる場合ではないという意識も生まれてくる。
川上眉山「大つごもり」一介の職人がアメリカに渡って一旗揚げる、といっても船員などの仕事で小金を貯めて戻ってくるだけなのだが、それでも晴れて帰国の後にお定まりの悲劇が待っていた。
泉鏡花「夜行巡査」職務に忠実な若い巡査のある日の任務だが、やはりこの人だけ明治の世にあってキッチュな作風。誰が抑圧してるのか、されているのかといった対立構造が面妖で、安易な感情移入も拒否している。深刻小説とか、あるいは観念小説といった呼び名でもその枠には入りきらず、鏡花は鏡花としか言いようがない。
前田曙山「蝗うり」どうにも手の差し伸べようのない病弱な母親の母子家庭。それはこの時代にはまだ誰もがそれなりに貧しかったからだ。女手だけでそれを乗り切ろうとしたら、プライドを捨てるしかなかった。
田山花袋「断流」東京に女工として売られた少女。世間も知らず、頼るあてもなく、ただ落ちて行くだけで、慰めになるところがない。
北田薄氷「乳母」良家の箱入り娘であったが両親を喪い、ただ婚約者がイギリス留学から帰国するのを乳母と二人暮らしで待つばかりの境遇。しかしそんな希望にはなんの保証もない。
広津柳浪「亀さん」現代のような福祉制度も概念も無い時代の障害者はどうしていたろうか。多分こんな風景は珍しくなかったのだろう。
徳田秋声「藪こうじ」被差別民出身者の人たちの苦しみ。ただ作品としての力が伝わって来ないのは、差別する側が描かれていないからだ。
小栗風葉「寝白粉」登場人物たちが、頑なに幸せに背を向けた生活を続けているわけが、最後に明かされる。
江見水蔭「女房殺し」そんなこんなで、生活のために妾となって暮らしている女も昔はたくさんいたし、それが双方の利益にかなうこともあっただろうが、個人の尊重や平等思想といった新しい社会の流れとの衝突というのも、また一つの世相として発生もしただろう。
樋口一葉「にごりえ」女郎に入れ込んだ男の悲劇だが、近松西鶴あたりの語り直しのようで、明治的な感じというのはあまりしない。
これら作家達は当時は注目を集めたのだが、現代においてどれだけ知られているだろうか。その後こういった傾向に影響を受けた作品として尾崎紅葉「金色夜叉」、徳富蘆花「不如帰」、島崎藤村「破戒」などがベストセラーになるが、文学界としては自然主義が趨勢を占めて、文学史上は無かったことにされてしまったらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する