サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1217-20)

2018年年間ランキング【電子総合】(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 風と光と二十の私と
風と光と二十の私と(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件

電子書籍

風と光と二十の私と

著者 著:坂口安吾

“余は偉大なる落伍者となって歴史のなかによみがえる”雪の国新潟の教室の机に彫って上京し、あえて、孤独な自己鍛練の世界に彷徨する、“精神の巨人”坂口安吾の繊細にして豪放、聖にして俗の、ダイナミックな自伝世界。

風と光と二十の私と

1,242 (税込)

風と光と二十の私と

ポイント :11pt / 紙の本より270おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.1MB 無制限
Android EPUB 6.1MB 無制限
Win EPUB 6.1MB 無制限
Mac EPUB 6.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本風と光と二十の私と

2003/07/06 18:30

安吾アゲイン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バナール - この投稿者のレビュー一覧を見る

 
 安吾を嫌いな人はいない。
 無頼(新戯作)派のひとりと理解されてはいるが、他の作家群とはやはり異なる「突端」に佇っている。太宰に触れるならばアンビバレントな恋愛感情が直ちに喚起されるだろうし、石川淳を紐解けば、奇妙な熱情を注入され運が良ければ“文学通”になれる可能性が出てくる。が、彼等が読者から掻い出すものとは異質の感情に、安吾に接する者は全身を統べられてしまうだろう。それは、安吾への「圧倒的な肯定」以外のなにものでもない。わたしは、常軌を逸した強度で読む者を感電させる『堕落論』が安吾の最上であると賛同する者の一人であるが、『風と光と二十の私と』という作品に抗い難く惹かれ離れることが今もできないでいる。
 ところで、詩人の三好達治は安吾を評して次のように言ったことがある。

 「かれは堂々たる建築だけれども、中に入ってみると、畳がしかれていない感じだ」

 「堂々たる建築」を仰ぎ見れば、『堕落論』のような「大柱」だけが目に飛び込んでくるはずだ。おそらくそのせいで、「畳がしかれていない感じ」がするのだろう。しかしながら、詩人が射抜いているように、「畳」は「しかれていない感じ」がするだけである。「畳」は間違いなく「しかれてい」る。だが、そこにあるべきはずの“千畳”は“見えない”。なぜならそれこそが、“安吾”なのだから。例えば、太宰は「家庭」を廃棄しようとしたが、彼自身はいつも読者にとって、“お茶の間”であった。寛ぎ横になることのできる、at home であったのだ。けれども、「堂々たる建築」の内で「寝転がる」ことは許されはしない。が、一歩踏み込めば、懐かしさに縁取られた涼やかな抒情性が体の隅々にまで浸み上がってくるのがわかるはずだ。目を瞑り、大の字になって、伸びをするための、“まぼろしの畳”を感じるであろう。その“一畳”こそが、『風と光と二十の私と』に他ならない。

 『風と光と二十の私と』、と呼ばれる作品は二十歳であったかつての自分の一年間を四十一歳になった安吾が綴ったものである。それは小学校の代用教員をした時分の思い出だけで織り上げられている。その中につぎのような一節がある。

「私は放課後、教員室にいつまでも居残っていることが好きであった。生徒がいなくなり、ほかの先生も帰ったあと、私一人だけジッと物思いに耽っている。音といえば柱時計の音だけである。あの喧騒な校庭に人影も物音もなくなるというのが妙に静寂をきわだててくれ、変に空虚で、自分というのがどこかへなくなったような放心を感じる。」

 このような“思い”が身の内をゆっくりと通り過ぎた経験を持たぬ者はいないはずだ。それは凛としているが暖かい暈を持つ。何度でも言おう。安吾を嫌いな人は、いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本風と光と二十の私と

2002/05/23 20:30

心に沁みた言葉

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和二十年代前半頃のエッセイを中心とした作品集。表題の「風と光と二十の私と」は、安吾が教員をしていた一年間を回想したものだ。このころのエッセイは、端的に表すと、暗いものが多い。矢田津世子との安吾流恋愛劇もここにはよく著されている。
私が各エッセイの中で最も印象深かったのは『古都』の中で安吾がある女に向かって吐く台詞。「僕なんかが君にとって何でもなくなる日があるはずだというのに、その日を作るために努力しないとすれば、君の生き方も悪いのだ。ほんとの幸福というものはこの世にないかもしれないが、多少の幸福はきっとある。然し、今、ここにはないのだ」。辛いときこの台詞を思い出して勇気を奮い起こしてきた。他の人にも是非、心に残る言葉を探し当てて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。