サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

修正:続刊予約キャンペーン(0810-31)

おそれミミズク(講談社タイガ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件

電子書籍

おそれミミズク

著者 オキシタケヒコ

「ひさしや、ミミズク」今日も座敷牢の暗がりでツナは微笑む。山中の屋敷に住まう下半身不随の女の子が、ぼくの秘密の友達だ。彼女と会うには奇妙な条件があった。「怖い話」を聞かせるというその求めに応じるため、ぼくはもう十年、怪談蒐集に励んでいるのだが……。ツナとぼく(ミミズク)、夢と現(うつつ)、彼岸と此岸が恐怖によって繋がるとき、驚天動地のビジョンが"せかい"を変容させる――。

おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱

778 (税込)

おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱

ポイント :7pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.7MB 無制限
Android EPUB 7.7MB 無制限
Win EPUB 7.7MB 無制限
Mac EPUB 7.7MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ホラーと思えば実はSF

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅんじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初オキシタケヒコ。ホラーとして始まり、ミステリの道をたどってSFに着地した。思えば『リング』もそうだった。SFは理屈を作り出しすのが快感。ミステリは理屈にぴったり合うのが気持ちよく、ホラーは理屈が無いのが怖い。冒頭の不穏な空気から、まさかこんな爽やかなトコにたどり着くとは思わなかった。良作。弱いとすれば、恋に落ちるのが唐突かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

様々な縁によって紡がれていくボーイ・ミーツ・ガール

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:阿都美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゲームライター時代より丁寧で質の高い物語を提供している事からコアなファンも多いオキシタケヒコ氏。
そんな氏のタイガ初作品となる本書はホラーSFであると同時に少し変則的な王道ボーイ・ミーツ・ガール物となります。
またストーリーの方も個人的にゲームライターの頃から氏が好きなテーマなのかな?とも思ってる家族の繋がりを始めとする様々な縁から織り成されていく物となっており、読後には恐怖でなく爽やかさが残りました。
ただ残念な所として何と読むのかが判らなくてルビを振ってほしかったなという文字があったのですが、不満があるとすればそれ位で個人的には続編が出たのなら是非読んでみたい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

怪談をSFする話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りー - この投稿者のレビュー一覧を見る

SF畑の作者がどう怪談を料理するのか楽しみに読む。なるほどそういう調理法で来たかとそれなりに唸らされる出来にはなっていると思う。しかし僕らの中二心をくすぐるには理論がややワクワク感に欠けるのが玉にきずか。続編も出そうな終わり方だけどもこれより他の作品を描いて欲しいというのが個人的な感想。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

意外に。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

壮大な話だった。

「どんな話なのか」が見えるまで時間がかかるし、
見えてもストンと納得できるほど美しいレトリックではないような。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する