サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

20%OFFクーポン(1022-25)

ナイフの行方(単行本(KADOKAWA / 角川マガジンズ))
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

ナイフの行方

著者 著者:山田 太一

2014年12月に放送されたNHKドラマ「ナイフの行方」を書籍化。山田太一の最新書き下ろしドラマ(前後編計146分)で、制作統括は「男たちの旅路」(1976年~放送)の近藤晋プロデューサー。
ナイフで無差別殺人を犯そうとした若者(今井翼)を、剛腕の老人(松本幸四郎)が取り押さえて自宅に連れ帰る(前編)。後編で意外かつ衝撃的な展開が待っている本作は、放送当日から山田太一ファンが騒然とした「異色作にして傑作」。「人間は変わらない」「みんなが人間を信じすぎている」というセリフには作者の心情があらわれ、現代社会へのメッセージに富む骨太の物語です。
本書は、ドラマ前後編のシナリオを完全収録するほか、山田太一本人による1万字解説「正義がどこにあるのか、分からない時代に」、そして近藤晋プロデューサーによる5000字解説「回想シーンがまったくない“傑作”」を収録。1960~70年代から良質なテレビドラマを探求し続けてきた2人の巨匠の言葉は、本作の解説を超え「ドラマとは何か」「人は何に救われるのか」を示唆するテキストとなっています。
山田太一のドラマシナリオ集としては18年ぶりの刊行。81歳を迎え、ますます鋭く世を人を見つめる山田太一の視線を、シナリオとロング解説でたっぷり味わえます。
<NHK特集ドラマ「ナイフの行方」放送概要>
放送:2014年12月22日(月)22.00、23日(火)22.00
※NHKオンデマンドで2015年11月30日まで配信
作:山田太一 演出:吉村芳之
出演:松本幸四郎、今井翼、相武紗季、石橋凌、松坂慶子、津川雅彦 ほか

ナイフの行方

1,200 (税込)

ナイフの行方

ポイント :11pt / 紙の本より312おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.3MB 無制限
Android EPUB 9.3MB 無制限
Win EPUB 9.3MB 無制限
Mac EPUB 9.3MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!

「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

 

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本ナイフの行方

2015/08/27 07:20

山田太一の、ひとつの答え

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは2014年12月に、2夜連続でNHK総合テレビで放映されたテレビドラマのシナリオ。
 いま、このようにシナリオだけ一冊の本になる作家はほとんどいないのではないかしら。山田太一はそういう点でも、稀有なシナリオライターといえる。
 主となるシナリオのほかに、このドラマのプロデユーサーだった近藤晋による「回想シーンがまったくない“傑作”」と山田太一へのロングインタビュー「正義がどこにあるのか、分からない時代に」が収められている。

 ドラマは、かつて青年海外協力隊の経験がある拓自という老人が自暴自棄になって自分にナイフを突きつけてきた青年次男と生活をともにすることで自身が経験した惨たらしい内乱の様と向き合い、生きることの意味、正義のありようをみつめる物語である。
 近藤はこの作品のすばらしい点は「回想シーンがまったくない」ことだと書いているが、セリフだけで拓自という老人が経験したことを再現しているのだから、確かに最近のドラマでは珍しいかもしれない。
 その分、そのシーンでの拓自のセリフは長くなっている。ドラマではこの役を松本幸四郎が演じたらしいが、これだけのセリフをしゃべれる役者も少なくなっているともいえる。

 近藤の山田作品への評で「いつも凛として、人間を追っている」と表現している。
 このドラマでいえば、拓自という主人公がまさにそうだ。青年次男に何かを教えるでもなく、かつて自身が見た何かに憑りつかれて命を捨てていった若者と次男を重ね、静かに次男を変化させていく。
 いまどきそんな人間がいるのかわからないが、きっと山田太一の中では、変わることのない人間像なのだと思う。

 また近藤はこうも書いている。
 「大事なのは、「自分が存在するこの時代」に「どう生きるか」」、それを山田太一は一貫して描いてきたのだと。
 それは、山田太一へのロングインタビューのタイトルと呼応しあう。
 まさに私たちは「正義がどこにあるのか、分からない時代に」、ナイフと向かいあっているのかもしれない。
 そして、この作品は山田太一の、ひとつの答えでもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する